猛烈"爆買い"効果! マツモトキヨシ、4~6月期の売上・利益は過去最高に

 

マツモトキヨシホールディングスは11日、2016年3月期第1四半期の累計期間(2015年4~6月)における連結決算を発表した。それによると、純利益は前年同期比159.6%増の41億1,900万円となり、第1四半期として過去最高を更新した。訪日外国人観光客の増加によりインバウンド需要が拡大した。

営業利益は2.4倍、経常利益は2.2倍に

売上高は同17.5%増の1,313億3,000万円、営業利益は同139.0%増の66億100万円、経常利益は同117.4%増の72億2,100万円と、いずれも第1四半期として過去最高となった。

連結経営成績(累計)(出典:マツモトキヨシホールディングスWebサイト)

同社は、訪日外国人観光客向けの免税対応店舗を、繁華街や観光スポットなどに隣接する店舗、および今後の利用が期待できる新規店舗を含む176店舗に拡大。新規出店については、外国人観光客に特化した新業態の2店舗を含め、グループで32店舗(フランチャイズ1店舗を含む)をオープンした。

また、既存店舗の活性化を重点に14店舗の改装を行うとともに、将来業績に貢献の見込めない21店舗を閉鎖し、さらに7店舗のスクラップ&ビルドを実施した。これにより、今期末のグループ店舗数は前期末比11店舗増の1,539店舗となった。

通期の業績予想は、売上高が前期比5.0%増の5,100億円、営業利益が同13.4%増の200億円、経常利益が同9.8%増の220億円、純利益が同11.9%増の130億円を見込んでいる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ソニー、「α6000」「RX100 IV」などを買うと最大1万円キャッシュバック
[19:49 8/30] スマホとデジタル家電
南鳥島沖に広大なマンガン団塊密集域JAMSTECなどが発見
[19:26 8/30] テクノロジー
「美・皇潤」を配合したミクソロジーカクテルが楽しめるBARがオープン
[19:14 8/30] ヘルスケア
トヨタ「プロボックス」「サクシード」に衝突回避支援パッケージを標準装備
[19:09 8/30] ホビー
EIZO、最大16台のIPカメラ映像を表示できる46型液晶ディスプレイ
[19:05 8/30] パソコン