狩野英孝、イケメンキャラの起源は「小学生のピアノ教室」と「花輪くん」

 

お笑い芸人の狩野英孝(33)が、8日深夜に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』(毎週土曜26:50~27:20)にゲスト出演し、イケメンキャラの誕生エピソードを語った。

お笑い芸人の狩野英孝

「ラーメン、つけ麺、僕イケメン!」のギャグで多くの人に知られる存在となった狩野。今は髪を短く切ってしまったが、当時は「長髪で赤いバラを胸にさした白スーツ」というホスト風ファッションで、勘違いナルシストキャラを演じて人気を博した。

このキャラクターが生まれるきっかけは、小学生の頃に通っていたピアノ教室。生徒の大半が女の子であるため待合室には女子向けのマンガしか置かれておらず、そこで唯一読んで面白いと感じたのが漫画『ちびまる子ちゃん』だった。以来ファンになり、今でも単行本を全巻所有しているという。

芸人としてデビューしたある日、ネタ作りに煮詰まった狩野は何気なく『ちびまる子ちゃん』を手にとった。さまざまな個性的なキャラクターが登場する中、そこで目にとまったのが、大金持ちのお坊ちゃま・花輪和彦。「キザでナルシストでずっと愛されているキャラクター。これはいいな」と思った狩野は、花輪くんの「ヘイ、ベイビ~」などのセリフをすべて書き出し、それをもとに「ナルシストがテレフォンショッピングの販売員だったら」というコントを1本完成させた。

そのコントを披露したライブは大ウケ。オーディションなども合格するようになり、「これだ!」と手応えを感じた狩野は、より花輪くんに近づけるために前述のホスト風ファッションを採用した。

これを聞いた司会のブラックマヨネーズ・吉田敬は、花輪くんのセリフについて「パクってないよな?」と疑い、狩野は「パクってないです!」と即否定。さらに小杉竜一からも「ホンマか? 聞けば聞くほどルールに抵触してそうやな!」と指摘され、今ではすっかりおなじみとなったイジられキャラでスタジオの笑いを誘っていた。

新着記事

[今週の真田丸]第38回「昌幸」 流罪となった昌幸は……豊臣秀頼も登場 [07:00 9/25]
古舘伊知郎、報ステ裏で月1ラジオレギュラー - 曲なし宣言「逆JASRACだぁ!!」 [05:00 9/25]
DAIGO、ハリポタ新章『ファンタビ』をDAI語で応援「FBY」- 特別映像公開 [22:00 9/24]
[神木隆之介]将棋アマ初段授与にびっくり 「大丈夫ですか? 荷が重い……」 [18:05 9/24]
[広末涼子]因島ロケで天候に苦労 [17:19 9/24]
西村雅彦、川で流され落ち武者に!?スタッフも思わず笑うメイキング映像公開 [17:00 9/24]
志田未来、竜星涼におんぶされて「お父さんみたいで安心感があった!」 [15:00 9/24]
"とと姉ちゃんの妹"相楽樹&杉咲花、さんまに「ごちそうしてくれるんですか?」 [14:30 9/24]
本木雅弘、アイドル時代のアウェイ番組で「相当失礼な振る舞いしてた」 [14:30 9/24]
[キングオブコント2016]決勝トップバッターは「しずる」 元王者かもめんたるは3番手で登場 [14:00 9/24]
『キングオブコント』ネタ順決定! しずるがトップバッター [14:00 9/24]
[来週のとと姉ちゃん]最終週「花山、常子に礼を言う」 常子と花山のラストは? “とと”も再び… [13:00 9/24]
『ハドソン川の奇跡』トム・ハンクス&アーロン・エッカートが語るイーストウッドとの仕事 [12:00 9/24]
[菊川怜]銀座の新名所「銀座プレイス」OPセレモニーに登場 [11:41 9/24]
[新井浩文]「真田丸」クールな加藤清正役 時代劇の所作は山本耕史から学んだ [10:00 9/24]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

JR大阪環状線103系クラシックトレイン運行 - 車内で生演奏、芸術の秋楽しむ
[07:30 9/25] ホビー
イモトアヤコ、“死の崖”アイガー登頂なるか!?『イッテQ!』2時間SP
[07:00 9/25] エンタメ
[今週の真田丸]第38回「昌幸」 流罪となった昌幸は……豊臣秀頼も登場
[07:00 9/25] エンタメ
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (25) img要素の属性
[07:00 9/25] 企業IT
ミイラ男もこんなにキュート! かわいいお化けがそろったハロウィーンカフェ
[07:00 9/25] 趣味

本音ランキング