板野友美、ホラー映画で初主演! 「自分の殻を破った感じ」と新境地に手応え

 

元AKB48で歌手の板野友美が、来年春公開のホラー映画『のぞきめ』で初主演を務めることが5日、明らかになった。

映画『のぞきめ』の第1弾チラシ(両A面) (C)2015映画「のぞきめ」製作委員会

2013年8月にAKB48を卒業後、タレント、モデル、歌手など幅広い分野で活動してきた板野。映画『くるみ割り人形』(14年11月公開)のマリー姫役で声優を務め、女優として映画『みんな!エスパーだよ!』(15年9月4日公開)にカメオ出演するなど、演技の仕事にも積極的に挑んでいる。

そんな板野の初主演となる本作は、作家・三津田信三氏の同名ホラー・推理小説を原作に、『トリハダ -劇場版-』シリーズを手がけたことでも知られる三木康一郎監督がメガホンを取った作品。すでに撮影を終え、来年春公開に向けて編集が行われている。

物語のベースとなるのは、異なる時代に起こった2つの怪事件。過去と現在に共通し、事件のカギとなる怪異"のぞきめ"は周囲のあらゆる隙間から視線を投げかけ、目が合った人間を恐怖のどん底へと突き落とす。板野が演じるのはテレビ局の新米AD・三嶋彩乃。ある青年の怪死事件の取材で"のぞきめ"の真相に迫るも、関係者が次々と悲劇に巻き込まれていく。

「怖いものが苦手でホラー映画は一度も観たことがなかった」という板野。「お話をいただいた時はどうしようと思いました」と戸惑いもあったようだが、「やると決めてからは、いつもの私を捨てて、三木監督の演出に飛び込みました」と気合十分で挑んだ。撮影を終え、「自分の殻を破った感じがしているので、映画の完成が待ち遠しいです」と手応えがあったことを明かし、ファンに向けて「皆さんも、"新しい板野友美"を楽しみにお待ちください」とメッセージを送った。

一方の三木監督も「今まで見たことのない板野友美の表情をどれだけ出すことができるか? それを彼女とも分かち合い表現していったつもりです」と本作を板野の新境地と位置づける。「従来のホラーという枠を崩すことから考えました。もちろん、怖いことは前提として、人間の悲しみや怒りを積極的に描こうと心がけました」と演出意図を説明し、「今までにない板野友美。この『のぞきめ』で堪能してください」と呼びかけている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事