トム・クルーズ、新宿・歌舞伎町で2時間ファンサービス「ドウモアリガトウ!」

 

来日中の俳優トム・クルーズ(53)が3日、東京・新宿歌舞伎町セントラルロードで行われた主演最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(8月7日公開)のジャパンプレミアに登場した。

新宿歌舞伎町セントラルロードに登場したトム・クルーズ

新宿コマ劇場跡地に今年4月誕生した新宿東宝ビルに続くセントラルロード。この歌舞伎町のメインゲートに敷かれた約60mのレッドカーペットにトムが姿を現すと、駆けつけた500人のファンは大興奮。「トム~!」「I LOVE YOU!」という熱烈な声援が飛び交う中、トムはサインや写真撮影などで喜ばせ、取材にも丁寧に応じ、約2時間かけてゆっくりとレッドカーペットを歩いた。

その後、クリストファー・マッカリー監督と共にステージに登壇。約1年1カ月ぶり21回目の来日となるトムは、「日本に来ることは名誉あることなんです。今回、すてきな作品を携えて来ました。暑い中から抜けて、涼しい映画館ですばらしい映画を楽しんでいただきたい」と呼びかけ、「ドウモアリガトウ!」と感謝の気持ちと伝えた。ステージでは、ギタリスト・MIYAVIによる本作のテーマ曲の演奏も行われ、「クールでかっこいい! すばらしい!」とトムも大絶賛だった。

レッドカーペットには、トム、監督に加え、ブライアン・バークプロデューサー、そして日本人ゲストとして、綾部祐二(ピース)や秋元梢、はじめしゃちょー、ミカエラら人気ユーチューバーも登場。さらに、宝塚歌劇団・宙組の男役トップスターである朝夏まなとも登場し、トムと初対面を果たした。

本作は、トム・クルーズ演じるスパイ組織・IMFの超敏腕スパイ、イーサン・ハントが難解なミッションに挑む『ミッション:インポッシブル』シリーズの第5弾。地上約1,524m、時速400kmの飛行機でのアクションや、6分以上の潜水アクションなど、壮絶なアクションにトム本人が挑んだ。全米では7月31日に公開され、シリーズ最高、そしてトムの出演作品史上最高のオープニング興収を記録している。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事