パナソニック、4/3型センサー採用の13倍ズームレンズ一体4Kビデオカメラ

 

パナソニックは8月3日、業務用の4Kカメラレコーダー「AG-DVX200」を発表した。発売は2015年10月で、希望小売価格は560,000円(税別)。

業務用メモリーカード・4Kカメラレコーダー「AG-DVX200」

AG-DVX200は、4/3型の大判CMOSイメージセンサーを搭載したレンズ一体型4Kカメラレコーダー。レンズ一体型カメラレコーダーへの4/3型大判センサーの採用は世界初となる。

レンズは新開発のLEICA DICOMAR 4K(13倍ズーム)で、明るさはF2.8。35mm換算で28mmからの広角撮影が可能だ。5軸のハイブリッド手振れ補正やインテリジェントAFなどのオート機能に加えて、マニュアル撮影機能も充実している。

4K解像度であるUHD(3,840×2,160)/60pでの撮影に加えて、最大120fpsのVFR(バリアブルフレームレート)を使用したFHD記録にも対応。記録フォーマットは、MP4 / MOV / AVCHDだ。2基のSDメモリーカードスロットを装備し、2種類のフォーマットで同時に記録したり、サイマル記録、バックグラウンド記録、リレー記録などをサポートする。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Apple Musicを楽しむなら、「Apple Musicギフトカード」の利用が断然おトク
[09:00 9/28] パソコン
C言語1000行以下のエディタ「Kilo」を理解する 第7回 シンタックスハイライトを知る
[09:00 9/28] 企業IT
なぜアイリスオーヤマは"こんな家電が欲しかった!"を形にできるか
[09:00 9/28] 経営・ビジネス
スマホ通信費を浪費しがちなNG行動5選
[09:00 9/28] マネー
【連載特別企画】ゼロから始める多要素認証 第2回 スマートに使えるセキュアなビジネス環境を構築するには - ユーザー編
[09:00 9/28] 企業IT