パナソニック、4/3型センサー採用の13倍ズームレンズ一体4Kビデオカメラ

 

パナソニックは8月3日、業務用の4Kカメラレコーダー「AG-DVX200」を発表した。発売は2015年10月で、希望小売価格は560,000円(税別)。

業務用メモリーカード・4Kカメラレコーダー「AG-DVX200」

AG-DVX200は、4/3型の大判CMOSイメージセンサーを搭載したレンズ一体型4Kカメラレコーダー。レンズ一体型カメラレコーダーへの4/3型大判センサーの採用は世界初となる。

レンズは新開発のLEICA DICOMAR 4K(13倍ズーム)で、明るさはF2.8。35mm換算で28mmからの広角撮影が可能だ。5軸のハイブリッド手振れ補正やインテリジェントAFなどのオート機能に加えて、マニュアル撮影機能も充実している。

4K解像度であるUHD(3,840×2,160)/60pでの撮影に加えて、最大120fpsのVFR(バリアブルフレームレート)を使用したFHD記録にも対応。記録フォーマットは、MP4 / MOV / AVCHDだ。2基のSDメモリーカードスロットを装備し、2種類のフォーマットで同時に記録したり、サイマル記録、バックグラウンド記録、リレー記録などをサポートする。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

V6、テレ朝フェスに初参加! 「今年唯一のライブ」熱烈オファーで実現
[04:00 8/27] エンタメ
[木村拓哉]ラジオでファンの厳しい声紹介 「なぜすぐに帰国しなかった」
[00:08 8/27] エンタメ
Windows 10ミニTips 第112回 Microsoft Edgeの拡張機能を使う - Save to Pocket編
[00:00 8/27] パソコン
TVアニメ『アイドルメモリーズ』、「Shadow」のユニットPVを公開
[23:55 8/26] ホビー
音井れこ丸が描く睡眠不足な先生とJKのラブコメ2巻、元教え子も参戦
[23:31 8/26] ホビー