目指せマイナス7歳! 30代、40代女子のための若返りメイク方法まとめ

久々に会った友人から「老けたね……」の衝撃のひと言を受けたら即実践! 同年代の芸能人がとても「同じ年齢」に見えなかったり、年齢の割にやたら美人だったりするママ友がいたら……やるべきことをちゃんとやっているということなのです。目指せ「マイナス7歳」。30代、40代女子のための若返りメイクのポイントを美容家の保志エリカ先生に教えてもらいました。

正しい洗顔方法を知って肌質を改善する!

加齢に伴って垂れ下がる肌。30代に突入すると、毛穴も「涙型」になってヨゴレが目立つようになってきます。でも悲しいことに……これが元に戻ることはありません。でも、正しい洗顔方法を身に付けることで、肌質改善によるアンチエイジング効果が期待できます。その方法は……

↓詳しくはこちら↓
30代、40代女子のための正しい洗顔方法! - マイナス7歳! 肌質改善!

アイラインの引き方にもポイントアリ!!

目元って超大事です……若さの演出で重要な役割を果たすアイラインの引き方を紹介します。

↓詳しくはこちら↓
「老けたね……」と言われたら即実践! 30~40代のためのアイラインの引き方

買って失敗しないためのつけまつげ選び方・付け方!

つけまつげはお試しできないことがほとんどなので、「買って失敗!」するアイテムの代表格ですよね……。選び方がわからない人が多いつけまつげについて、初心者でも失敗しない選び方と付け方を教えてもらいました♪

↓詳しくはこちら↓
初めてでも失敗しない! 30~40代女子のための「つけまつげ」選び方&付け方

ハイライトでシワ隠し!!

メイクで顔を若く見せるポイントは、ズバリ! 目の下 (黒目の下からこめかみ) と口の横にあります♪ というのも、人の目線は自然とココに行くからです。逆に言えば、ここさえしっかりケアしておけば、あとはちょっと手抜きしても大丈夫……かも。30~40代女子に有効なハイライトの選び方と入れ方を紹介します。

↓詳しくはこちら↓
メリハリ出してシワ隠す! マイナス7歳顔にするハイライトの選び方・入れ方

30代以上はチークを顔の引き締めアイテムとして使う!

若い時は可愛く見せるためにチークを使っていたかもしれませんが、30代以上になると、顔を引き締めるための道具として有効です。ファンデーションの厚塗りは、かえって老けて見えてしまうことがありますので、チークでコントロールしましょう。

↓詳しくはこちら↓
30代、40代女子のためのチークの入れ方 - 若返りにファンデより大事かも♪

自然な唇「雑リップ」の作り方♪

何事も年相応が大事! 唇も例外じゃない……ということで、意外とケアが難しいリップ (口紅) の選び方と使い方を紹介します。30~40代女子にとって大事なのは、色の選択と塗り方。ということで、年相応のナチュラルな唇の作り方を教えてもらいました♪

↓詳しくはこちら↓
"マイナス7歳" はリップも大事♪ - 「雑リップ」でナチュラルなツヤ唇に!

小顔! 小顔! 小顔!

世は小顔ブーム……ということで、20代以下の若い女子はみんな小顔!? です (小顔に見せるテクニックもスゴイです!)。で、30代以上の女子がマイナス7歳を目指すのであれば、問答無用で小顔を目指した方がいいです。そこでオススメなのがシェーディングです♪

↓詳しくはこちら↓
小顔効果大! - 30代、40代女子のための "正しい" シェーディングの仕方

トレンドの可愛い「薄太眉」の作り方!

最近は太眉、薄太眉が流行ってます。でも、いざ眉毛を描こうとしても「うまく描けない」「どこまで描いていいのかがわからない」……といった悩みにぶつかることが多いと思います。ここでは "マイナス7歳" を演出するための、正しい太眉の描き方を紹介します♪

↓詳しくはこちら↓
もう悩まない! 太眉メイクの正しい方法をプロに教えてもらいました♪

    

教えてくれたのは……

美容家 保志エリカさん

アクトレス代表。大手百貨店・外資系化粧品メーカーの美容部員やエステ機器メーカーにて美容コンサルタントとして活躍。肌の構造からそれに見合った機器使用法等を熟知しており、サロンやセミナーなどで「美」を追求するためのスキルや知識の普及に努めている。テレビをはじめとしたメディア出演も多数。近年は男性を美しく変身させる女装士としても活躍中。


本稿の内容を実行したことによる損害や障害などのトラブルについて、執筆者および編集部は責任を負うことができません。記載内容を行う場合は、その有効性、安全性など十分に考慮いただくようお願い致します。記載内容は記事掲載日時点の法令や情報に基づいたものです。また紹介されている商品やサービスは、すでに提供が終了していることもあるほか、入手先など記事に掲載されている情報のみとなり、お問い合わせに応じることができません。記載内容を参考にしていただき、ご自身の暮らしにお役立ていただけますと幸いです。

人気記事

一覧

2016年12月8日の運勢

イチオシ記事

新着記事