Windows 10、アップグレード数が1,400万台突破 - リリースから24時間で

 

米Microsoftは30日(現地時間)、29日にリリースされたWindows 10が、24時間で1,400万台以上のデバイスに提供されたことを発表した。まだアップグレード待ちのデバイスが多くあるとし、予約済みの各デバイスに提供されるまで、数日から数週間掛かるとしている。

Windows 10 アップグレードの通知

Microsoftは、Windows 10の提供はWindows Insider Program参加ユーザーから段階的に展開していると述べ、提供開始から24時間内で1,400万台以上のデバイスにWindows 10がインストールされたこと記した。アップデートを予約した各ユーザーにWindows 10が行き渡る頃には、さらに多くのデバイス上でWindows 10が動くだろうとしている。

Windows 10のアップグレードを予約済みの場合、インストールの準備が整った時点で、デスクトップのタスクバー上に通知が表示される。もし、予約をしていなかった場合でも、「Get Windows 10」アプリからWindows 10のアップグレードが予約できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事