嵐・櫻井翔、キャスターとしての苦悩「傷口に塩を塗らざるを得ない時もある」

 

アイドルグループ・嵐の櫻井翔(33)が、30日に放送された日本テレビ系ドキュメンタリー番組『櫻井翔×大野智×加藤シゲアキ アイドルの今、コレカラ』(24:59~25:29)で、ニュースキャスターになったきっかけや苦悩を明かした。

番組では、今年10月に『NEWS ZERO』のキャスターとして10年目に突入する櫻井翔、アーティストとして活躍する嵐の大野智、作家として4作目を発表したNEWSの加藤シゲアキという、アイドルとは別の顔を持つ3人が集結。櫻井は「20歳くらいの時に、だれもやってないことってずっと考えてたの。たどり着いたのがキャスターだった」ときっかけを語り、 入院していた時にテレビでアナウンサーの人が独占インタビューをとっていたのを見て、「ああいうことってうちの事務所やっている人いないよな」とひらめいたという。

キャスターとしての苦悩を聞かれると、「わかんないことだらけだった。北京(五輪)行きますと。各局のテレビカメラがあります、その前を選手が通ります。ここで今行かないと日本テレビのコメントの素材がないんだよ。ビビるでしょ」とその重みを告白。「北京でいったら谷さんなんだけど、敗れちゃって肩落としている選手のところに行けないのよ、行かなきゃなんないのよ」と3連覇を逃した谷亮子選手に声をかけられなかったことを振り返り、「傷口に塩を塗らざるを得ない時もある。でも行かなきゃならない。それはちょっとしんどくなった時もあったけど、やりがいの方が勝っている」と伝えた。

また、「ジャニーズなのにキャスターやって」という批判の声も「最初はあった」とコメント。「土足で行くようなものだから。こんだけ積み上げて取材してきたのが、俺みたいのがひょこっと言って話聞きますというのは、横入りっていうか」と語った。

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「銀魂」財布は銀さんや土方など全4種、苺パフェやマヨネーズがアクセント
[23:37 6/26] ホビー
池田乾の「セバスチャン」2作品、最終巻が同時発売!特典も
[23:15 6/26] ホビー
【レポート】「下手くそなりに体を動かして、生駒と一緒にあがきたいです」-『甲鉄城のカバネリ』トークショーに生駒役・畠中祐が登場
[23:00 6/26] ホビー
「キン肉マン」の"完璧・参式"ミラージュマン、新シリーズから初フィギュア化
[22:35 6/26] ホビー
ミス・モノクローム、真夏の店頭抽選会ツアーの開催決定! 旧譜フェアも開催
[22:30 6/26] ホビー

本音ランキング