嵐・櫻井翔、キャスターとしての苦悩「傷口に塩を塗らざるを得ない時もある」

 

アイドルグループ・嵐の櫻井翔(33)が、30日に放送された日本テレビ系ドキュメンタリー番組『櫻井翔×大野智×加藤シゲアキ アイドルの今、コレカラ』(24:59~25:29)で、ニュースキャスターになったきっかけや苦悩を明かした。

番組では、今年10月に『NEWS ZERO』のキャスターとして10年目に突入する櫻井翔、アーティストとして活躍する嵐の大野智、作家として4作目を発表したNEWSの加藤シゲアキという、アイドルとは別の顔を持つ3人が集結。櫻井は「20歳くらいの時に、だれもやってないことってずっと考えてたの。たどり着いたのがキャスターだった」ときっかけを語り、 入院していた時にテレビでアナウンサーの人が独占インタビューをとっていたのを見て、「ああいうことってうちの事務所やっている人いないよな」とひらめいたという。

キャスターとしての苦悩を聞かれると、「わかんないことだらけだった。北京(五輪)行きますと。各局のテレビカメラがあります、その前を選手が通ります。ここで今行かないと日本テレビのコメントの素材がないんだよ。ビビるでしょ」とその重みを告白。「北京でいったら谷さんなんだけど、敗れちゃって肩落としている選手のところに行けないのよ、行かなきゃなんないのよ」と3連覇を逃した谷亮子選手に声をかけられなかったことを振り返り、「傷口に塩を塗らざるを得ない時もある。でも行かなきゃならない。それはちょっとしんどくなった時もあったけど、やりがいの方が勝っている」と伝えた。

また、「ジャニーズなのにキャスターやって」という批判の声も「最初はあった」とコメント。「土足で行くようなものだから。こんだけ積み上げて取材してきたのが、俺みたいのがひょこっと言って話聞きますというのは、横入りっていうか」と語った。

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「天智と天武」最終10&11巻が同時リリース、兄弟の愛憎劇描く歴史マンガ
[23:10 8/30] ホビー
ダークホラーで納涼…!「もののべ古書店怪奇譚」などフェアで描き下ろし特典
[23:00 8/30] ホビー
藤子・F・不二雄の世界へトリップするファンブック、渋谷直角や星野源も
[22:53 8/30] ホビー
[森川葵]ドラマ「プリンセスメゾン」でNHK初主演 26歳独身の“家買う女”に
[22:50 8/30] エンタメ
赤塚不二夫と過ごしたフジオ・プロの日々、元アシスタントが綴るコミックエッセイ
[22:49 8/30] ホビー

本音ランキング