サンワダイレクト、PCレスで映像を録画できるキャプチャボックス

 

サンワダイレクトは30日、USBメモリなどに各種の映像を直接キャプチャできる「ビデオキャプチャーボックス(HDMIキャプチャ・USBメモリ保存・PCレス・HDMIパススルー機能・マイク音声入力) 400-MEDI011」を発売した。直販サイト「サンワダイレクト」での価格は16,481円(税別)。

400-MEDI011

ゲーム機やビデオなどを接続して、映像を保存するキャプチャボックス。本体にUSBポートを装備しており、USB HDDやUSBメモリなどに映像を保存する。対応するストレージ容量は最大2TBまで、対応フォーマットはFAT32、NTFS。

映像入力インタフェースは、HDMI×1、コンポーネントビデオ×1、コンポジットビデオ×1。HDMIパススルー出力を搭載しており、ゲームをプレイしながらの録画に適している。マイクも接続できるので、映像に合わせてナレーションなどを入れることも可能。

最大解像度は1,920×1,080ドット/30fpsで、1,280×720ドット/60fpsでの録画にも対応。アナログ入力時は720×576ドット/60fpsとなる。ビットレートは最大16,000kbps。録画形式はH.264/MPEG-4 AVC。本体サイズはW149×D102.5×H29mm、重量は約149g。

クリックで拡大

人気記事

一覧

新着記事

仮想デスクトップの設計構築の落とし穴 第11回 [設計フェーズの落とし穴] 仮想化すればインターネット分離は簡単?
[09:00 8/29] 企業IT
TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』、新EDテーマ「こころ」を花江夏樹が担当
[08:09 8/29] ホビー
[石川恋]グラビアでセクシーなバニーガールに ビキニ姿も披露
[08:00 8/29] エンタメ
2016年上半期の音楽配信売上、前年比112%の256.6億円
[08:00 8/29] マネー
通勤定期の虚偽申請でクビってありえる? - 弁護士に聞いた
[08:00 8/29] マネー