MetaMoJi、Windows 10に対応した手書き日本語変換・入力ソフトの無償試用版

 

MetaMoJiは29日、Windows 10に対応した、手書きで日本語の入力&変換が行えるソフトウエア「mazec for Windows」を発表。合わせて、フル機能が期間限定で使える無償試用版を提供開始した。有償販売は9月を予定しており、価格は未定。

「mazec for Windows」の試用版ダウンロードページ

「mazec for Windows」は、タブレット端末などで、スムーズな日本語文字入力・変換が行える、Windows用日本語文字入力・変換ソフトウェア。従来「mazec」は、ストアアプリとして「MetaMoJi Note」や「MetaMoJi Sare」の入力用アドオンとして法人向けに提供されていたが、個人版「mezec」の要望が多かったとして、今回「mazecf for Windows」をデスクトップアプリとして個人向けに販売した。同ソフトは、Windows 10だけでなくWindows 7 / 8 / 8.1にも対応する。

主要機能としては、漢字とひらがなが混ざった入力でも正しく変換する「交ぜ書き入力変換」や、入力文字種を最適なものに設定が行なえる「手書き認識フィルター」があり、単語登録や変換学習にも対応する。動作OSはWindows 7 / 8 / 8.1 / 10。

人気記事

一覧

新着記事

リニア、デュアル入力モノリシック電源プライオリタイザ「LTC4420」を発表
[10:50 9/1] テクノロジー
Windows 10 Insider Preview、ビルド14915で「配信の最適化」が向上
[10:49 9/1] パソコン
リニア、60V同期整流式降圧バッテリチャージャコントローラ「LTC4013」
[10:31 9/1] テクノロジー
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (10) time要素の使い方
[10:30 9/1] 企業IT
ドコモショップで生命保険の販売がスタート、通信会社は何を狙うか
[10:30 9/1] 経営・ビジネス