横浜ゴムと東工大、バイオマスから合成ゴム原料を直接合成する触媒を開発

 

横浜ゴムと東京工業大学は7月29日、バイオマスであるセルロースから合成ゴムの原料であるブタンジェンを直接合成する触媒の開発に成功したと発表した。

現在、ブタンジェンは石油精製の副産物として生産されているが、新技術の開発によって石油への依存度が低減できれば、二酸化炭素削減につながる。今後について両社は、「量産化に向けた触媒設計を進め、2020年代前半を目標に実用化を目指す」とコメントしている。

バイオマスを原料とした合成ゴム(ブタジエンゴム)合成のイメージ



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

開幕まで一週間! iPhone/iPadアプリを使ってリオ五輪をもっと楽しもう!!
[14:23 7/30] スマホとデジタル家電
[世界コスプレサミット2016]コスプレの祭典開幕 炎天下の愛知・蒲郡でオープニングセレモニー
[14:22 7/30] ホビー
[LiLiCo]阿佐ヶ谷姉妹・渡辺江里子と武井咲主演ドラマにゲスト出演
[14:00 7/30] エンタメ
[今週のアルスラーン戦記]第5話「決別」 アルスラーンに“助け舟” ナルサスの策も
[14:00 7/30] ホビー
iPhone/iPadにMacを使って夏休みの自由研究に取り組もう! - 子供向けワークショップ「サマーキャンプ」が開講
[13:57 7/30] パソコン