プラネックスから新たな「ダンボー」登場 - 今度は無線LANルータと中継機

 

プラネックスコミュニケーションズは24日、"ダンボー"をモチーフにした無線LANルータ「DANBOARD 無線LANルーター」と「DANBOARD 無線LAN中継機」を発表した。8月7日より発売する。価格はオープン。店頭予想価格はいずれも税込3,980円前後。

手のひらサイズの「DANBOARD 無線LANルーター」

DANBOARD 無線LANルーター

DANBOARD 無線LANルーター

あずまきよひこ氏が描く漫画「よつばと!」の人気キャラクター"ダンボー"をモチーフにした無線LANルータ。2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに対応し、通信速度は300Mbps(理論値)。ルータとアクセスポイントの切り替えが可能なほか、ゲストアクセス用のSSIDを設定しておけば、そのSSIDへアクセスした端末を指定のURLへと誘導できる「URLリダイレクト機能」も備える。

本体底面にはジョイント用の穴を設けており、海洋堂の「リボルテックダンボー」に取り付け可能。頭部の横には目を光らせるためのスイッチも装備する。

海洋堂の「リボルテックダンボー」に装着すると、一見普通のフィギュアに見える

外観だけでなく、ルータの設定画面も"ダンボー"をモチーフに開発。画面はシンプルな構成で、スマートフォンからでも設定が変更できる。Wi-Fiデバイスの管理アプリ「PLANEX 見えルンです!」にも対応。接続デバイスを可視化して、身に覚えのないデバイスが接続されている場合などにそのデバイスをアクセス不可にできる。そのほかにも、アクセス可能時間の設定なども行える。

ルータの設定画面

内蔵アンテナは2本で、電源はmicroUSBから供給。セキュリティはWPA2-PSK(AES) / WPA-PSK(AES)。無線LAN簡単接続はWPSに対応。インタフェースは10BASE-T / 100BASE-TX対応有線LAN×1、WAN×1。本体サイズはW71×D49×H47mm、重量は約60g。対応OSはWindows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1、Mac OS X 10.6以降。

DANBOARD 無線LAN中継機

DANBOARD 無線LAN中継機

2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに対応する無線LAN中継機。無線LANルータと無線LAN子機などの間に設置することで電波を中継し、安定した通信品質を確保できる。通信速度は300Mbps(理論値)。

本体背面には10BASE-T / 100BASE-TX対応有線LANポート×2基を搭載し、有線LAN機器と接続することで最大2台の機器を無線化できる。WPSに対応している他社製ルータとも接続できる。

外観はほかの"ダンボー"シリーズと共通。内蔵アンテナは2本で、セキュリティはWPA2-PSK(AES) / WPA-PSK(AES) / WEP(64/128bit)。本体サイズは約W71×D49×H47mm、重量は約60g。対応OSはWindows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1、Mac OS X 10.6以降。

海洋堂「リボルテックダンボー」装着イメージ。本体左のスイッチで目のランプを光らせることができる

「DANBOARD 無線LANルーター」と「DANBOARD 無線LAN中継機」の外観は同じ

人気記事

一覧

新着記事

テレビ版『ガンダムUC』副音声企画が帰ってくる! ニュータイプの謎明らかに
[08:00 6/26] ホビー
JR西日本323系、大阪環状線イメージアップのため新型車両に施した工夫とは?
[07:30 6/26] ホビー
長友佑都、“アモーレ”に捧げる“技あり”の一発 ハートマークで大喜び
[07:00 6/26] エンタメ
【連載】1コマ漫画 猫にありがちなこと 第996回 アラーム発動しなかった
[07:00 6/26] 趣味
長友佑都、キックベース先頭打者HRで"アモーレポーズ"! 木梨憲武も大興奮
[07:00 6/26] エンタメ