マーベル初のヒーロー・ユニット描く『F4』予告公開! 壮絶バトルが明らかに

  [2015/07/24]

『アベンジャーズ』『X-MEN』『スパイダーマン』を生み出したマーベル新作『ファンタスティック・フォー』(10月9日公開)の日本オリジナル予告と劇場ポスターが24日、公開された。

『ファンタスティック・フォー』劇場ポスター

“ファンタスティック・フォー”は、マーベルが創り上げた世界初のヒーロー・ユニット。”X-MEN”や”アベンジャーズ”結成より前の1961年、スタン・リーとジャック・カービーによって生み出されて以来、原作コミックの売上数は1億5,000万冊以上にものぼり、その歴史は50年を超えるマーベル最長寿コミックだ。本作は、原作者スタン・リー公認のアクション大作として注目を集めている。

公開された映像は天才少年だったリード・リチャーズが人類史を覆す大発見を学校で発表し、友人の前で披露するシーンから始まる。そこから場面は一転。大人になったリードらが映され、「未知への挑戦は予期せぬ犠牲を生む」というナレーションの通り、4人の若者は不慮の事故で「変化(パワー)」を取得。発明オタクのリードはゴムのように伸縮自在の強靭な体を、シャイな女性科学者スー・ストームは透明化する体を、暴走気味なスーの弟ジョニー・ストームは瞬時に灼熱の炎へ変化させ空を飛べる体を、タフで孤独なベン・グリムは怪力と鋼鉄のように頑丈な岩の体を手に入れる。

4人は能力に戸惑い、悩み、やがて自らの使命を受け止め、Mr.ファンタスティック、インビジブル・ウーマン、ヒューマン・トーチ、ザ・シングとしてチームを結成。”ファンタスティック・フォー”として成長を遂げ、異次元からの脅威に襲われた地球の危機に立ち向かう。特報では、4人がそれぞれの特殊能力を駆使して繰り広げる大迫力のバトルシーンも映されている。

本年度アカデミー賞で5部門ノミネートを果たした『セッション』で注目を集めているリード役のマイルズ・テイラーは、「数年前、『僕もいつかスーパーヒーロー映画に出演することにもなるだろうね』と半分冗談で言ったこともあったんだ」と笑い、「『X-MEN』はコミックシリーズものをよみがえらせることにおいて大きな役割を果たし、キャラクターたちの起源が描かれた。僕たちもこの作品でも、キャラクターの起源を伝える物語をつくろうという意気込みで挑んだ」と熱い思いを語る。

スー役のケイト・マーラは「このような誇れる作品に関われることは本当に特別なことだと思う」と喜びを語り、ジョニー役のマイケル・B・ジョーダンは「これまでのイメージとは全く違う"ファンタスティック・フォー"だよ! それぞれが成長を遂げ、なじみのあるキャラクターになるまでの姿が描かれているんだ」とアピール。ベン役のジェイミー・ベルも「より現実的で、どこにでもいるような普通の若者たちが登場する。オリジナリティあふれる作品となっているよ」と自信を見せている。

新たに公開された場面写真
(左からMr.ファンタスティック、インビジブル・ウーマン、ヒューマン・トーチ、ザ・シング)


(C)2015 MARVEL & Subs. (C)2015 Twentieth Century Fox

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

JR東海「新幹線なるほど発見デー」7月に開催 - 車体上げ実演は今回が最後に
[11:41 5/26] ホビー
トヨタ、配車サービスを手がけるウーバーとライドシェア領域での協業を検討
[11:36 5/26] ホビー
【連載】 山口健太のモバイルデバイスNEXT 【第10回】富士通が最新法人向けPCで、旧世代CPUを採用した裏事情
[11:35 5/26] 企業IT
東出昌大、初の刑事役を捉えた写真公開! 拳銃かまえ鋭い目つき
[11:30 5/26] エンタメ
事例・人材像・アーキテクチャモデルをコンテンツ化 - JDMC、整備に着手
[11:06 5/26] 企業IT

本音ランキング

特別企画 PR