ローム、アイルランドのファブレス半導体会社を買収 - 電源LSIを強化

ロームは7月23日、アイルランドに本社を置くPowervationの買収を7月22日付で完了したと発表した。買収額は約7000万ドル(約86億円)。

Powervationはデジタル電源制御LSIの開発と販売を行うファブレス半導体会社で、高精度のリアルタイム自動補正機能を持つシステム電源に関する独自技術を保有している。ロームは、同買収によって今後の需要拡大が見込まれる電源LSIのラインアップの拡大を図るとともに、自動車をはじめとする幅広い市場でのニーズの高まりが予想される高精度のデジタル電源の基本技術を獲得し、電源LSIに関連する総合的なソリューションを強化し、競争力の向上を図るとしている。

今後、Powervationはロームの完全子会社となり、ロームは電源LSIエンジニアを派遣してデジタル電源LSI開発を加速させる。なお、ロームは同買収が当面の連結業績に与える影響は軽微なものであるとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事