キヤノン、レンズシフト式手ブレ補正機構を搭載した「IXY 160」

キヤノンは7月23日、コンパクトデジタルカメラ「IXY」シリーズの新モデル「IXY 160」を発表した。発売は7月31日で、価格はオープン。キヤノンオンラインショップにおける直販価格は税別11,800円。

IXY 160

IXY 160は、広角28mmから望遠224mm相当(35mm判換算)の光学8倍ズームレンズと有効約2,000万画素の1/2.3型CCDセンサーを搭載した薄型軽量カメラ。2015年2月に発売されたIXY 150の後継機種となり、今回新たにレンズシフト式の手ブレ補正機構を内蔵した。

「こだわりオート」機能では、32種類の撮影設定から最適なものをカメラが自動的に選び、ユーザーをサポートする。また、6種類の手ブレ補正モードから最適な設定でオート撮影ができる「マルチシーンIS」も用意している。

その他の主な仕様は、レンズの開放F値がF3.2-F6.9、映像エンジンがDIGIC 4+、対応感度がISO100~ISO1600。サイズはW95.2×D22.1×H54.3mm、重量はバッテリーとメモリーカードを含む状態で約128g。カラーはシルバーとレッドの2色展開。

背面と天面。ボディサイズは前機種のIXY 150と変わらない

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事