『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』BD化決定、「宇宙の蜉蝣」も収録

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY Blu-ray Box』メインビジュアル

1991年~1992年にかけて発売されたOVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』が初のBlu-ray化果たし、2016年1月29日にバンダイビジュアルから発売されることが明らかになった。

ガンダム史上圧巻のクオリティを誇る本作には、第1話「ガンダム強奪」から最終話「駆け抜ける嵐」の全13話を収録(劇場版は未収録)。一年戦争終結の3年後を舞台で、連邦軍が極秘裏に開発していた2体の新型ガンダム試作機のうち核弾頭を搭載した1機が、ジオンのエースパイロットであるアナベル・ガトー少佐によって強奪され、新型ガンダムを巡って「デラーズ・フリート」を名乗るジオン残党軍との激闘が描かれている。

収納BOXとインナーイラストは描き下ろしで、100頁(予定)におよぶ「特製ブックレット」が封入。映像特典には、シーマ・ガラハウ中佐の知られざる生き様を描いた新作ピクチャードラマ「宇宙の蜉蝣2」も収録される。この映像には、地球連邦軍の「ガンダム2号機」の強奪に成功し、帰還を果たしたアナベル・ガトー少佐へ手荒いあいさつを仕掛けるシーマ、その最中に彼女が垣間見る予知夢ともいうべき新たな悪夢を描かれている。

そのほかにも、ピクチャードラマ「宇宙の蜉蝣」と「ノンテロップオープニング&ノンテロップエンディング」も収録。音声特典は「オーディオコメンタリー」を新録し、DVD-BOXに収録されていた「オーディオコメンタリー(第1話、第10話)」を再録され、1992年に発売された「CDシネマ/ルンガ沖砲撃戦」と「CDシネマ2/宇宙の蜉蝣」も収められる。価格は2万7,000円(税込)で、2017年1月28日までの期間限定生産。

(C)創通・サンライズ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事