パナソニック、2,030万画素の「LUMIX DMC-GX8」 - 初の2軸+6軸手ブレ補正も

 

パナソニックは7月16日、「20M Live MOSセンサー」を搭載したマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼カメラ「LUMIX DMC-GX8」を発表した。8月20日の発売を予定している。価格はオープンで、推定市場価格は、ボディのみが145,000円前後、高倍率ズームキットが180,000円前後(ともに税別)。

LUMIX DMC-GX8

新たな手ブレ補正技術「Dual I.S.」のイメージ

LUMIX DMC-GX8は、新たに開発した有効2,030万画素の20M Live MOSセンサーを搭載。従来に比べ、解像感に優れるだけでなく、高感度撮影時のノイズを低減している。手ブレ補正機能の「Dual I.S.」は世界初となる6コントロール技術を採用したもの。レンズ内の2軸補正とボディ内の4軸補正を組み合わせて、大小のブレを防止する。なお、Dual I.S.は対応レンズ使用時にのみ有効となる。

EVF(電子ビューファインダー)は、0.5型・約236万ドットの有機EL方式で、上方向90度のチルトが可能。ファインダー倍率は0.77倍だが、用途に応じて0.7倍にも切り替えられる。背面の液晶モニターも有機EL方式で、3型・約104万ドット。左右180度、上下250度に動くバリアングル式となっており、タッチ操作にも行える。なお、フラッシュは内蔵されていない。

90度チルト可動式のEVF

独立した露出補正ダイヤルが天面に

30コマ/秒で連写した4K撮影データから、好きな写真を選び出せる「4Kフォト」機能にも対応。4Kフォトには、3つの撮影モードがあり(下図参照)、シーンに応じて使い分けることができる。さらに、後日のファームウェアアップデートにより、撮影後にピント位置を変更できる「フォーカスセレクト」機能を追加する予定だ。

3つの4Kフォトモード

そのほか主な仕様として、ISO感度は200~25600 (拡張ISO100)、シャッター速度は60~1/8000秒 (電子シャッターでは1~1/16000秒)、連写速度は最高8コマ/秒 (電子シャッターでは10コマ/秒)。Wi-Fi機能も搭載している。静止画の撮影可能枚数は約310枚 (CIPA規格)。サイズはW133.2×H77.9×D63.1mm、重量は約435g (本体のみ)。本体色はブラックとシルバーの2種類を用意する。

高倍率ズームキットのレンズは「LUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-F5.6 ASPH. / POWER O.I.S.」。35mm判換算で28~280mmのズーム域をカバーする。重量は約265g。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ロンブー淳、極楽・山本の地上波復帰に「長かった…」「おかえりなさい」
[10:15 7/31] エンタメ
iPhone基本の「き」 第208回 仕事で使いたくなるiPhoneの小技 - メールの添付ファイル、どうしてますか
[10:00 7/31] スマホとデジタル家電
平成以降最悪の被害、障害者殺傷事件の深層に迫る『NHKスペシャル』
[09:00 7/31] エンタメ
さんま、中居へのSMAP騒動直撃は「本当にファンの気持ちで…」
[09:00 7/31] エンタメ
パンケーキや豚カツをプラス!? "進化系冷やし中華"を自宅で再現してみた!
[09:00 7/31] 趣味