飢餓状態はアルツハイマー病に悪影響を与える - TMDU

東京医科歯科大学は7月14日、アルツハイマー病における飢餓状態は病態に悪影響を与える可能性があると発表した。

同成果は東京医科歯科大学・難治疾患研究所/脳統合機能研究センター・神経病理学分野の岡澤均 教授の研究グループによるもので、7月14日付の国際科学誌「Scientific Reports」に掲載される。

アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患は、細胞の内外に異常タンパク質が蓄積することが特徴として挙げられる。この異常タンパク質を除去する細胞機構の1つとして、細胞の自食機能であるオートファジーがある。オートファジーには、常に働いている基礎的オートファジーと、カロリー制限などで活性化する誘導性オートファジーの2種類があることが知られている。後者については、脳内においては存在が認められないとする報告がある一方、カロリー制限などによる誘導性オートファジーが異常タンパク質の凝集を除き、症状を改善するとの報告もあり、神経細胞における誘導性オートファジーの有無は決着がついていなかった。

同研究では、神経細胞における誘導性オートファジーの有無を明らかにするため、生きた脳の中の神経細胞におけるオートファジーを観察する技術を開発。マウスの脳内を観察した結果、飢餓誘導性オートファジーが存在することを確認した。次に、オートファジーが病態を抑制するのか、進行させるのかという問題を検討した結果、アルツハイマー病態では飢餓による誘導性オートファジーが亢進しているものの、細胞外から取り込んだベータアミロイドというタンパク質を分解処理できず、アルツハイマー病で侵されやすい脳内部位でベータアミロイドを溜め込むことがわかった。これにより、カロリー制限によってオートファジーを過度に活性化することが、アルツハイマー病態を悪化させるリスクとなることが示唆された。

同研究グループは今回の研究成果について「食習慣を通じた認知症予防・治療を進める際に重要なポイントと考えられる」とコメントしており、同成果をもとにしたアルツハイマー病の病態理解と新規治療法開発への応用が期待される。

研究成果をまとめた図

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事