スパコン「京」がグラフ解析性能を競うGraph500で世界1位を奪還

 

理化学研究所、東京工業大学、九州大学、富士通、アイルランドのユニバーシティ・カレッジ・ダブリンらの国際研究グループは7月14日、ビッグデータ処理に関するスーパーコンピューターの国際的な性能ランキングであるGraph500において、スーパーコンピューター「京」が2014年6月以来となる1位を獲得したと発表した。

スーパーコンピューター「京」

Graph500はインターネットのソーシャルサービスで「誰と誰がつながっているか」など、関連性のある大量のデータを解析するときに用いられるグラフ解析の性能を競うスパコンランキング。規則的な行列演算である連立1次方程式を解く計算速度(LINPACK)と比べて、より複雑な計算を行う速度が評価の対象となる。なお、「京」はLINPACKを評価するTOP500では4位につけている。

今回、測定に用いられたのは「京」が持つ8万8128台のノードの内の8万2944台で、約1兆個の頂点をもち16兆個の枝からなるプログラムスケールの大規模グラフに対する幅優先探索問題を0.45秒で解くことに成功。ベンチマークスコアは3万8621GTEPSを記録した。

「京」はGraph500で2014年6月に1万7977GTEPSを記録し1位となった後、同年11月に1万9582GTPESで2位に後退。今回、同研究グループによってアルゴリズムが改善され、システム全体を効率良く利用することが可能となり、2倍近い性能向上を達成し、1位を奪還した。

Graph500の上位10位



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

総務省、「ポケモンGO」に関する注意喚起 - ポケストの削除依頼方法も案内
[15:36 7/27] スマホとデジタル家電
春雨スープやグラノーラも!? 実はダイエット向きじゃない食品6選
[15:34 7/27] ヘルスケア
『ガヴリールドロップアウト』のTVアニメ化が決定! メインスタッフを公開
[15:32 7/27] ホビー
Windowsのプロダクトキーをコマンドで知る方法
[15:30 7/27] 企業IT
TVアニメ『初恋モンスター』よりラバストなどユニークなグッズが登場
[15:15 7/27] ホビー