OCZ、東芝製コントローラとA19nm TLC NAND採用のエントリーSSD"Trion 100"

 

アスクは10日、OCZ Storage Solutions製の2.5インチSSD「Trion 100」シリーズを発表した。120GB / 240GB / 480GB / 960GBの4モデルを用意し、8月末から9月初旬にかけて順次発売する。店頭予想価格(税別)は、120GBが9,000円前後、240GBが14,000円前後、480GBが32,000円前後、960GBが53,000円前後。

Trion 100

OCZとしては初となるTLC NAND採用のSSD。東芝製A19nm NANDに加え、コントローラにも東芝製を搭載する。厚さは7mmで、ノートPCのストレージ換装などに適しているという。

転送速度は、全モデルでリードが最大550MB/s、ライトは480GBモデルと960GBモデルが最大530MB/s、240GBモデルが最大520MB/s、120GBモデルが最大450MB/s。4Kランダムリードは120GBモデルのみ79,000IOPSで、そのほかが90,000IOPS。4Kランダムライトは960GBモデルが64,000IOPS、480GBモデルが54,000IOPS、240GBモデルが43,000IOPS、120GBモデルが25,000IOPS。

約3年間の使用を想定した耐久性の目安は、960GBモデルが219GB/日、480GBモデルが110GB/日、240GBモデルが55GB/日、120GBモデルが27GB/日。本体サイズはW69.85×D100×H7mm、重量は48g。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー