アプガ、初の野音公演でズブ濡れ&ビキニ姿を披露!「最高の夏のスタート」

  [2015/07/08]

7人組アイドルグループのアップアップガールズ(仮)(以下アプガ)が5日、東京・日比谷野外大音楽堂でワンマンライブ「全国47都道府県ツアー2015 ~RUN! アプガ RUN! ダッシュ アプガの夏! 野音の夏!~」を行った。

日比谷野外大音楽堂で初のワンマンライブを行ったアップアップガールズ(仮)

当日は、グループ初の野外音楽堂公演に加え、グループ最大規模の約3,000人を動員。降水確率80%で雨も懸念されていたが、ライブ中は一切降らなかった。

公演前の記者会見では、自らを「アスリート系アイドル」と表現したアプガ。森咲樹は、「富士山の山頂という日本一高い場所でライブをしたので、今度は日本一深い所でライブをしたい」とし、「静岡県の駿河湾が一番深いみたいなので、ファンの方は潜水艦に乗って、私達は潜ってライブをしたい」と大胆な計画を披露。それを受けたメンバーは一堂にうなずき、続けて佐藤綾乃が「2020年の東京五輪に7人で出たい」と発言し、あらためてアスリート的な一面を見せた。

ライブは、アプガが得意とするEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)楽曲をメンバー7人の躍動感あふれるパフォーマンスと共に披露。会場は、日本的な"祭り"と海外的な"レイヴ"パーティーのムードが交錯した。また、メンバーが客席通路を歌い歩いたり、放水銃で客席をずぶぬれにしたり、大胆な演出でファンを盛り上げた。

アンコールで「サイリウム」を歌唱し終えた後のMCで、関根梓は「今日の日比谷野音をむかえるにあたって、たくさんの人の愛に触れてたまらない気持ちです。7人は幸せ者です」と感極まり、涙をこらえながら「もっと素敵な夢を皆さんにお届けしたいなと思います。アプガ目指すところはたくさんあります。皆さん、次に向かう夢に一緒に向かってください」と語りかけると、観客からは大きな拍手が送られた。

続けて、佐保明梨は「私たちにパワーをくれる皆さんがいれば、雨だろうと嵐だろうと全力でライブができると思います」と好天に恵まれて野外ライブが成功したことに感謝。「今日は最高の夏のスタートを切れたと思います。アプガの夏はここからなので、今年の夏も、どこよりもアツい夏にしていきましょう!」と力強く発した。

そして、佐藤は2時間ノンストップライブ「アップアップガールズ(仮) ライブハウスツアー2015 ハイスパートRAVE FESTIVAL」の開催をアナウンス。「アメリカの『ウルトラ・ミュージック・フェス』という、皆が踊り狂ってるフェスがあるんですが、私たちも、アイドル界でそこを目指すくらい、レイヴ感を出してガシガシ盛り上げていきたいです」と宣言し、「ぜひ、アプガの生き様、アプガの新世界に来てください!」と声を上げると、会場全体が大歓声に包まれた。

最後は、メンバーが上半身ビキニ姿で「サマービーム!」を披露。客席には泡マシーンによる大量の泡が噴射され、メンバーは再び客席を練り歩きながら水鉄砲を打ってまわった。野外空間を生かした数々の演出によって繰り広げられたライブは、こうして幸せムードの中で幕を閉じた。

アプガは現在、約1年かけて全国ツアーを開催中。ライブ内で発表されたライブハウスツアーは、11月23日に愛知・名古屋ダイアモンドホールで、11月29日に京都FANJで、12月6日にZepp Tokyoで開催される。

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUSが"第7世代"Core搭載モデルなど2in1 PC「ASUS Transformar 3」シリーズを発表
[23:35 5/30] パソコン
石黒彩、モー娘。時代は「低収入ではなかった」- 番組での発言を訂正・謝罪
[23:06 5/30] エンタメ
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUSが予告どおりZenFone 3シリーズ発表、6.8型の大画面「ZenFone 3 Ultra」も
[22:46 5/30] パソコン
鈴木亮平、台湾で『変態仮面』続編をアピール「アジアを代表するHEROに!」
[22:30 5/30] エンタメ
「S―最後の警官―」“その後”の描き下ろしも!実写化もされたマンガの最終巻
[22:23 5/30] ホビー

本音ランキング

特別企画 PR