グレープシティ、業務アプリ開発者を対象とした技術カンファレンスを開催

グレープシティは7月8日、業務アプリケーション開発者を支援する技術カンファレンス「GrapeCity ECHO Tokyo 2015」を開催すると発表した。日本マイクロソフト品川本社にて、7月31日に行われる。

同カンファレンスは、世界各国に拠点をもつグレープシティがグローバルな取組みの一環として行うもので、今回が初開催となる。今回はWebアプリケーション開発にフォーカスし、「Microsoft Edge」、「AngularJS」、「Wijmo」という3つのキーワードで技術セッションが実施される。

「GrapeCity ECHO Tokyo 2015」

Microsoft Edgeについては、日本マイクロソフト エバンジェリストの物江修氏が、Edgeの概要や開発の背景、および新機能について説明する。AngularJS、Wijmoについては、グレープシティ アメリカ ComponentOne部門からCTOのバーナード・カスティーリョ氏が来日し、JavaScriptフレームワークとして注目を集めているAngularJSの必要性や、AngularJSとの連携を強化した新世代JavaScriptコントロール「Wijmo 5」の具体的な活用方法を解説する。

参加費は無料(事前登録制)で、定員は80名。申込専用サイトより登録を受け付けている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事