SII、アラーム時間を1秒~194日まで1秒単位で選択可能な車載タイマICを発表

 

セイコーインスツル(SII)は7月6日、相対時間の時間管理向け車載用CMOSタイマICとしてコンビニエンスタイマ「S-35720シリーズ」を発表した。

同シリーズはタイマ値とSET0端子、SET1端子に設定した値を比較し、値が一致したときに割り込み信号を出力し、SET0端子、SET1端子の設定に応じて最大4種類の割り込み時間を選択することが可能。タイマは、24ビットのバイナリアップカウンタで、割り込み信号を繰り返し出力するワンショットループ方式、割り込み信号出力中、状態を保持するハンドシェイク方式、/RST信号によりINT出力レベルを反転させるトグル方式の3つのタイムアウト方式を選択することができ、アラーム時間も1秒~194日まで1秒単位でオプション選択可能となっている。

また、低消費電流200nA typ.を実現したほか、それ自体で相対時間を計測できるため、システムスリープ期間であってもマイコンを停止することができるため、システム全体の暗電流削減を可能とする。

なお、高温動作125℃、3温度テスト(低温、常温、高温)の実施により、自動車などの過酷な環境での使用が可能なほか、AEC-Q100にも対応予定だという。

コンビニエンスタイマ「S-35720シリーズ」のパッケージイメージとシステムブロック図



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

メルセデス・ベンツ、新型「Eクラス」を発表-運転の負担減らす新技術を搭載
[18:46 7/27] テクノロジー
猫のきにゃと、ごとうさん 第68回 無限ループ
[18:45 7/27] 趣味
次世代の無線LAN「802.11ac Wave2」は最大3倍のスループットに - Wi-Fi Allianceが推進中
[18:45 7/27] パソコン
猫のきにゃと、ごとうさん 第67回 なぜそのタイミングで
[18:45 7/27] 趣味
おとよめ~夫婦別リアクション~ 第21回 洗濯ルール
[18:44 7/27] ライフスタイル