火星が舞台! マット・デイモン主演のリドリー・スコット監督作、16年2月公開

 

マット・デイモンが主演を務めるリドリー・スコット監督最新作『オデッセイ』(原題:『The Martian』)が、2016年2月に全国公開されることが決定し、ポスター第1弾が1日、公開された。

『オデッセイ』ポスター第1弾

本作は、火星を舞台に取り残された宇宙飛行士の奮闘と、彼を救おうと尽力する地球の人々を描いた物語。火星での有人探査の最中、嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニーは、死亡したと推測されて、過酷な惑星に1人取り残される。空気も水も通信手段も、そして食料もわずかしか残されていない状況の中、知恵と精神力、創意工夫の才能を発揮して、4年後に来るNASAの救出まで生き延びようとする。

一方、遠く離れた地球では、NASAと各国から集まった科学者たちが、ワトニーを生還させるための努力を継続。ワトニーのチーム乗組員らは協力し、不可能にも思える大胆な救出ミッションを計画する。

このたび公開されたポスタービジュアルのキャッチコピーは、”70億人が彼の還りを待っている”。火星に残された男を助け出そうとする仲間たち、そして世界中が団結し、ワトニー救出のため、心を1つにして「彼を地球に還したい」と願う物語に沿ったメッセージになっているという。

マーク・ワトニー役は、『ボーン』シリーズや『オーシャンズ』シリーズのマット・デイモン。彼を救おうと奮起する船長のメリッサ・ルイス役は『ゼロ・ダーク・サーティ』でゴールデングローブ賞主演女優賞に輝いたジェシカ・チャスティン、NASA広報責任者役は『LIFE!』のクリスティン・ウィグが演じる。監督は『グラディエーター』でアカデミー作品賞を獲得したリドリー・スコット、プロデューサーは『X-メン』シリーズや『Mr.&Mrs. スミス』などのサイモン・キンバーグが務める。

原作は、Amazonの自費出版から話題となり、ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに長期間にわたってランクインするなど、幅広い読者の共感を呼んだ大ヒット小説。邦題の『オデッセイ』は、”長い旅”を意味する。

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

i☆Risの芹澤優と茜屋日海夏がDAM★ともコラボ番組に登場
[14:36 9/1] ホビー
2016年第2四半期、iPhone出荷台数が前年同期比28.8%増 - IDC
[14:35 9/1] 企業IT
女性の自己投資、何に使ってる?
[14:35 9/1] マネー
パナソニック、転送レートTyp.50Mbpsの産業機器向けフォトカプラを製品化
[14:31 9/1] テクノロジー
アーキサイト、文字が消えない2色成形キーキャップ採用テンキー
[14:28 9/1] パソコン

本音ランキング