資産管理アプリ「Moneytree」、最新版で PFUのスキャナ「ScanSnap」に対応

マネーツリーは、同社提供のiPhone向け資産管理アプリ「Moneytree - あなたの一生通帳、家計簿より楽チン!」の最新版となるバージョン1.10を提供開始した。本バージョンでは、クレジットカードの確定、未確定、リボ払い残高の表示が可能となったほか、有料サービスである「Moneytreeプレミアム」ユーザー向けにPFUのスキャナ「ScanSnap iX100」「ScanSnap iX500」のダイレクトスキャンに対応していてる。

Moneytree - あなたの一生通帳、家計簿より楽チン!

今回のバージョンでは、設定画面をリデザインをし、クレジットカードの確定、未確定、リボ払い残高の表示、現金記録画面で月ごとの総額と詳細を表示することが可能となった。データの同期速度の高速化も図られており、時間が約50%短縮できるようになっている。

さらに、有料サービスである「Moneytreeプレミアム」ユーザーは、PFUのスキャナ「ScanSnap iX100」「ScanSnap iX500」をダイレクトに呼び出し、直接レシートをスキャンすることが可能となった。これまではScanSnap専用アプリが必須となっていたが、今回、Moneytree単体で連携できるようになった。スキャンしたレシートデータおよびカメラロールのデータは、有料のストレージサービス「Moneytree Cloud Safe」に保存され、必要な時に取引明細とひも付けることができる。

今秋に改正されるe-文書法(電子帳簿保存法)に対応する形でのアップデートとなっており、煩雑で大変だった経費精算ワークフローが大幅に改善されるため、中小企業やフリーランサーに評価されるのではないかとみられる。

また、同社は「我々はiOSの基準に準じてセキュリティとプライバシーを尊重するため、必要以上の個人情報の取得を一切行いません。お客様のデータは、お客様のものであるという、弊社のポリシーに基づいていますので、みなさん、安心してご利用いただけます」というステートメントを発しており、改めて安全にサービスを利用できることを強調している。構想されていたAndroid版については、セキュリティに不安を残すこともあってか提供が見送られている。

(提供:iPad iPhone Wire)

人気記事

一覧

新着記事