NEDO、東海道新幹線N700系試験車両にフルSiCパワーモジュールを搭載

 

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は6月30日、三菱電機が開発した3.3kV/1500A定格のフルSiCパワーモジュールを適用した主変換装置を開発、東海旅客鉄道の東海道新幹線N700系試験車両に搭載し、高速走行に用いると発表した。

3.3kV/1500A定格のフルSiCパワーモジュールは小田急電鉄の1000形リニューアル車への採用実績があるものの、新幹線車両での高速走行は世界で初めてとなるという。

なおNEDOでは、新幹線車両のみならず、2015年度より新たな応用分野の開拓を目指した研究を進めており、パワーエレクトロニクスの適用範囲拡大による日本の産業競争力の強化を図っていきたいとしている。

東海道新幹線N700系車両および主変換装置



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ソニー、Aマウント一眼レフ最上位機「α99 II」国内でも発表
[12:25 9/28] スマホとデジタル家電
ヘルパーT細胞の分化にはプロテインキナーゼDが必須 - 九大発表
[12:14 9/28] テクノロジー
Apple Watch Series 2とiPhone 7 Plusで、ニューヨークの街を歩いてきた - 松村太郎のApple深読み・先読み
[12:14 9/28] スマホとデジタル家電
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (11) イベントの扱い方
[12:00 9/28] 企業IT
坂上忍、怒りキャラとしての覚悟「言うからには結果も出す」- 今後のキャリアプランも
[12:00 9/28] エンタメ