映画『クレしん』興収が歴代1位に! HKT48指原莉乃「1位ばかりでうれしい」

 

4月18日に公開されたアニメーション映画『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』が、公開から2カ月で、シリーズ史上最高となる興行収入22.2億円を突破した。

HKT48の指原莉乃(右)

これまでのシリーズの最高記録は、1993年7月24日に公開された1作目『映画クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王』の興収22.2億円。『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』は、4月18日から6月27日までの71日間で、動員190万4,603名、興収22億2,538万5,300円を突破し、22年ぶりにシリーズ最高興収記録を更新した。前作『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』(2014年)の興行収入18.2億円と比べると124.7%アップしており、最近の作品の中でも異例のヒットとなった。

『クレヨンしんちゃん』の映画シリーズ23作目となる本作は、野原家がシリーズ史上初めて埼玉県・春日部市を飛び出し、メキシコに引っ越すというかつてないストーリーで展開。さらにアニメの世界を飛び出して、しんちゃんが春日部市役所に転出届を、在メキシコ日本大使館に転入届を提出するイベントも開催されるなど、話題を呼んでいた。

また、多数のゲスト声優も出演し、6月6日に開票された「AKB48 41stシングル選抜総選挙」で1位に輝いたHKT48の指原莉乃、昨年流行語大賞を受賞したお笑いコンビ・日本エレキテル連合、声優の坂本真綾、浪川大輔らが作品を盛り上げた。さらに、今や国民的歌手となったゆずが、映画の舞台であるメキシコを思わせるメロディの主題歌「OLA!」を制作。映画のヒットを後押しした。

大ヒットを受け、指原は「歴代1位になったのは私が演じたスマホちゃんがサボテンとしっかり戦ったからじゃないですかね!?なんて(笑)」とおどけながらも、「この作品に携われて本当にうれしいです!」と記録達成を喜んだ。さらに、自身の総選挙の結果と重ね、「ちょうど私も総選挙で1位になれて、参加させてもらったしんちゃん作品も歴代1位になって…1位ばっかりでとってもうれしいです」とコメントを寄せている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

JAL×ポンタ「JAL Pontaカード」誕生 - "ポンタパイロット"を機内でも配布
[17:01 7/1] 趣味
米IBM、インメモリーデータベースの新バージョン「IBM DB2 V11.1」
[16:59 7/1] 企業IT
日産「キューブ」一部仕様向上、エントリーモデルに本革巻きステアリングも
[16:50 7/1] ホビー
【レビュー】Windows 10 Insider Previewを試す(第58回) - 7回のビルドアップを行った2016年6月最後のビルド14379
[16:46 7/1] パソコン
上海問屋、知育ロボット「mBot」組み立てキット - スマホでも操作可能
[16:45 7/1] パソコン

本音ランキング