全国のApple Store実店舗でキッズワークショップ「サマーキャンプ」を開催

 

アップルは、全国8店舗Apple Store(銀座、表参道、渋谷、心斎橋、名古屋、札幌、福岡、仙台)で親子向けの無料のキッズワークショップ「サマーキャンプ」を開催する。7月27日から8月14日までの実施で、iPadで映画作りを学んだり、Macを使って自作のイラストや効果音を使ったインタラクティブブック作りに挑戦する。

「サマーキャンプ」の申し込みページ

同ワークショップでは「創造力と冒険に出よう。」を合言葉に、Apple Store直営店のスタッフが参加者たちの創造力を形にするサポートをしてくれる。平日で3日間通してのプログラムとなっており、自分のアイディアをiPadやMacを使ってムービーやインタラクティブブックといった作品に仕上げ、最終日となる3日目には完成させたプロジェクトの発表を行う。「インタラクティブブックづくり」は毎回午前9時から、「iPadで映画作りに挑戦」のほうは毎回午前11時からのスタートとなっている。対象年齢は8歳~12歳。本年からの新たな取り組みとして、「サマーキャンプ」に参加する児童に付き添う保護者を対象に、教育やクリエイティブプロジェクトに役立つアプリケーションとしてiMovieとiBooks Authorについてのワークショップを実施する。

参加費は無料で本日よりアップルのWebサイトで受付を開始しているが、人気のプログラムということもあり、毎年、瞬時で定員に達してしまう。予約の状況については、こちらで確認頂きたい。

昨年行われたワークショップの様子。iPadで撮影した素材をMacに取り込み、iMovieで編集を行った

人気記事

一覧

新着記事

IBM、国内のFinTech企業と「FinTech共通API」の接続検証を実施
[15:00 6/28] 企業IT
セコム、ファイル検査付きインターネット分離クラウドサービスを提供
[14:37 6/28] 企業IT
【レポート】パウダースノーにてんこ盛り! 初上陸の韓国かき氷"ソルビン"は発掘も楽しい
[14:26 6/28] 趣味
【レポート】海外のラーメンブームに乗れるか? 吉野家が「せたが屋」で勝負に出る
[14:25 6/28] 経営・ビジネス
ソフトバンク、パブリッククラウドへの回線帯域を動的に変更可能に
[14:24 6/28] 企業IT