女性の胸のサイズ、Aカップ率が過去最低に - Fカップが上回る

  [2015/06/22]

トリンプ・インターナショナル・ジャパンはこのほど、「下着白書 vol.15」(調査2014年度)を発表した。同社では、2000年から隔月でホームページにて下着についてのアンケート調査を実施。その結果を年度ごとにまとめた「下着白書」を、報道関係者向けに毎年5月に発行している。

女性のカップサイズは右肩上がり!

トリンプのブラジャーのカップサイズ別売り上げ推移

トリンプのブラジャーのカップサイズ別売り上げ推移をみると、2014年度は「Cカップ」(26.3%)、「Dカップ」(24.1%)が拮抗して1位2位。「Eカップ」「Fカップ」は上昇し、74.2%の女性が「Cカップ」以上、さらに「Aカップ」5.3%に対し「Fカップ」6.0%と「Fカップ」率が「A カップ」率を上回る結果となった。

2000年度の数値との比較では、A・Bカップでは2000年度の45.6%に対し 2014年度は25.8%とほぼ半減。一方、D・Eカップは2000年度24.6%に対し、2014年度40.3%と15.7ポイント増加している。「1980年では『Aカップ』が全体の6割近くを占めていたことから考えても、女性のカップサイズは30余年の間に驚くほど大きくなっているようです」と同社。

サイズが大きい人ほど満足?

また、「今」と「理想」のカップサイズを比較したところ、「A~Bカップ」の女性では、それぞれ今より1~2サイズ上を理想と回答し、「Dカップ以上」の女性では、今のサイズにかかわらず「D・Eカップ」を理想とする傾向が見られた。

現実と理想で同じサイズを回答した女性は、A~Bカップでは20%未満。対して「Cカップ以上」では15~30%。今のサイズに一番満足しているのは「Dカップ」で、37.1%だった。

特別企画 PR

人気記事

一覧

2016年5月28日の運勢

イチオシ記事

新着記事

『とんかつDJアゲ太郎』、第8話場面写公開! ゲストにサイトウ"JxJx"ジュン
[07:00 5/28] ホビー
アンミカ「共演者に塩をかける」有吉弘行「黒魔術みたい」とバッサリ
[06:00 5/28] エンタメ
『世にも奇妙な物語'16春の特別編』心揺さぶる4作品を紹介
[06:00 5/28] エンタメ
石川祐希の活躍に期待!五輪出場を目指しアジアのライバル中国と対戦
[06:00 5/28] エンタメ
要潤、人形のように美しい顔の役に「どう思うかは皆さん次第です」
[06:00 5/28] エンタメ

特別企画 PR