「好きなアイドル」男性票1位にAKB48・女性票は嵐! μ'sが5位で大健闘

スカパー!はこのほど、インターネットアンケート調査「なつかし&イマドキのアイドルに関する調査2015」を実施し、「好きなアイドル」調査の男性票1位にAKB48、女性票1位に嵐が選ばれたことが19日、明らかになった。

「好きなアイドル」男性票1位に輝いたAKB48総監督の高橋みなみ(左)と、次期総監督の横山由依

これは、全国の15~59歳1,000(男性500、女性500)人を対象に行ったインターネット調査で、アイドルについてさまざまなアンケートを実施したもの。嵐は、男性票でも2位にランクインしており、人気の高さを見せた。

また、アニメ『ラブライブ!』の劇中キャラクターであるμ'sが、男性票で5位にランクイン。E-girls、Perfume、モーニング娘。'15などを抑え、大健闘となった。

「好きなアイドル」
【男性票】1位:AKB48(87票)、2位:嵐(30票)、3位:ももいろクローバーZ(28票)、4位:乃木坂46(24票)、5位:μ's(13票)
【女性票】1位:嵐(144票)、2位:SMAP(42票)、3位:関ジャニ∞(17票)、4位:AKB48・ももいろクローバーZ(12票)

さらに、男女票合算による「カッコいいと思うアイドル」でも嵐は1位を獲得。AKB48も「かわいいと思うアイドル」で1位となった。ちなみに、「カッコイイと思うアイドル」の4位にAKB48、「かわいいと思うアイドル」の4位に嵐がランクインしており、両グループが、カッコよさと、かわいさを兼ね備えて人気を集めていることが伺える。

「カッコいいと思うアイドル」
1位:嵐(206票)、2位:SMAP(59票)、3位:TOKIO(25票)、4位:AKB48(20票)、5位:KAT-TUN(15票)

「かわいいと思うアイドル」
1位:AKB48(121票)、2位:ももいろクローバーZ・乃木坂46(50票)、4位:嵐(48票)、5位:Perfume(23票)

そして、「恋愛映画の主演をしてほしいアイドル」では、男性票1位にAKB48の小嶋陽菜、女性票1位に嵐の松本潤がランクインし、ここでもAKB48と嵐に人気が集中。男女票を合わせたランキングでは、1位・松本潤、2位・白石麻衣(乃木坂46)、3位は同率で小嶋陽菜・木村拓哉(SMAP)、5位・櫻井翔(嵐)となっている。

「恋愛映画の主演をしてほしいアイドル」
【男性票】1位:小嶋陽菜(7票)、2位:橋本環奈・西野七瀬(5票)、4位:島崎遥香(4票)
【女性票】1位:松本潤(12票)、2位:白石麻衣・櫻井翔(7票)、4位:木村拓哉・山田涼介・生田斗真(6票)
【男女票計】1位:松本潤(12票)、2位:白石麻衣(9票)、3位:小嶋陽菜・木村拓哉(8票)、5位:櫻井翔(7票)

一方で、なつかしの80年代アイドルについても調査を実施。10代・20代に「アイドルだったと知っている人・グループ」を尋ねたところ、光GENJIが最も認知度が高く73.0%。以下、2位・少年隊(70.5%)、3位・おニャン子クラブ(69.0%)、4位は同率で近藤真彦と松田聖子が66.0%で並んだ。

30代・40代・50代が、80年代当時に好きだったアイドルは、1位に中森明菜が選ばれ、複数回答で39.7%が投票。世代別に見ると、30代は光GENJI(40.5%)、40代と50代は中森明菜(40代48.5%、50代53.5%)が最も高い結果となった。

「好きだったアイドル」(30代・40代・50代対象、複数回答形式)
1位:中森明菜(39.7%)、2位:チェッカーズ(34.3%)、3位:小泉今日子(29.3%)、4位:松田聖子・森高千里(25.5%)

また、「自分の好きなアイドルをプロデュースしてほしいと思うプロデューサー」(複数回答)の調査では、つんく♂が1位を獲得。特に10代で高い得票率となっており、モーニング娘。がブレイクした90年代後半から息が長く、幅広い世代に信頼を得ていることが明らかになった。

「自分の好きなアイドルをプロデュースしてほしいと思うプロデューサー」(複数回答形式)
1位:つんく♂(23.6%)、2位:秋元康(17.6%)、3位:小室哲哉(13.9%)、4位:前山田健一(ヒャダイン)(13.3%)、5位:中田ヤスタカ(12.4%)

なお、スカパー!では今月、AKB48グループ特集や乃木坂46特集など『アイドル特集~今月も!アイドルグループが熱い!』と題して編成し、アイドルのライブ・コンサートやアイドルバラエティを多数放送。さらに、『週刊 田原俊彦』と銘打ち、田原俊彦関連のオリジナル番組やライブ、なつかしの番組なども多数放送している。

ちなみに、田原俊彦は、80年代アイドルの10代・20代への認知度で12位(51.3%)、「カラオケで歌える曲がある80年代アイドル」で9位(22.7%)にランクインしている。

「なつかし&イマドキのアイドルに関する調査2015」調査概要
・調査地域:全国
・調査対象:ネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員を母集団とする15~59歳の男女で、現在好きなアイドル/アイドルグループがいる、または以前にいた人
・調査期間:2015年5月25日~5月27日
・調査方法:インターネット調査(モバイルリサーチ)
・有効回答数:1,000サンプル(男女各500サンプル、10代~50代各200サンプル)
・実施機関:ネットエイジア株式会社
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事