フィッシング対策協議会、SMSから銀行の偽サイトへ誘導する手口を確認

 

フィッシング対策協議会は16日、SMSを使い銀行のフィッシングサイトへ誘導する手口が確認されていると注意を喚起した。三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行を騙るSMSが送信されている事例を確認したとする。

銀行をかたるSMSの例(図:フィッシング対策協議会)

偽のSMSでは、IDとパスワードを入力して情報の更新を促すメッセージと、銀行の公式サイトとよく似たフィッシングサイトへのURLが記載されている。偽サイトにアクセスしてIDやパスワードを入力すると、データを悪用され口座にアクセスされてしまう可能性がある。

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行は、いずれもログインパスワード変更の呼びかけを行なっていないとのこと。同協議会では、誤ってログイン情報を入力した場合は、各金融機関の窓口に問い合わせるよう呼びかけている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事