筑豊電気鉄道が駅名ネーミングライツ導入 - スポンサー料は年間25万円から

 

筑豊電気鉄道はこのほど、7月から導入する駅名ネーミングライツのスポンサーを募集すると発表した。

筑豊電気鉄道の現在の駅名標

ネーミングライツ導入後の駅名標イメージ

ネーミングライツは駅名標・車内音声放送・車内次駅案内表示が対象となる。駅名標と車内次駅案内表示では、スポンサーの企業名や施設名・商品名などを副駅名として駅名の下部に併記。車内音声放送では、次駅案内の放送に副駅名を盛り込む。

スポンサー契約は最低2年間となっており、日本国内に登記簿上の本所(本社・本店等)の住所を1年以上有する法人であることが条件に。契約金額は年間25~250万円(税抜)と駅によって異なる。その他、車内音声放送や駅名標の作成、設置、改修、撤去、原状回復に関わる費用もスポンサーの負担となるとのこと。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「Windows 10 Anniversary Update」は8月2日リリース - Microsoftが発表
[02:46 6/30] パソコン
[冬目景]月刊マンガ誌「バーズ」で新連載へ
[00:00 6/30] ホビー
JR東日本、仙石東北ライン上り始発・下り最終が女川駅へ - 8/6直通運転開始
[23:45 6/29] ホビー
「ガンダム名鑑ガム」に第2弾登場、マンダラガンダムの3形態も再現
[23:35 6/29] ホビー
[夏のドラマ見どころ]男の生き様 山田孝之、2年ぶりウシジマ 三上博史は初深夜 フジ日9は中島裕翔
[22:56 6/29] エンタメ

本音ランキング