夢それとも幻? 睡眠中に起きる奇病“頭内爆発音症候群”とは

  [2015/06/18]

やっと一日が終わってベッドで眠りにつきかけたその瞬間、「パーン!」という音で目が覚めたという経験がある人はいますか? まるで近くで爆発でもあったかのように感じるというこの珍現象。経験のない人にはなかなか理解できませんが、実際にこの現象を体験している人がいるというのです。その原因とは何でしょうか?

爆発音は夢それとも幻?

なんとも奇妙なこの現象。実は、「頭内爆発音症候群」という病気の症状なんだそうです。入眠時や睡眠が浅いときに起きることが多く、人によっては爆発音ではなく、雑音のように感じることも。

また、眩しい光や閃光が見えるといった訴えもあります。誰かが近くにいたとしても、その人にはこの音が聞こえることはありませんし、特に痛みもないそうなので、命に関わるような危険な病気ではないとされています。ただ、たいていの人は突然の出来事に、何か超常現象が起きたのでは、と動揺したり、脳内に恐ろしい病気が発症したのではないかと不安に駆られたりしてしまいます。

原因は睡眠に伴って起きる脳神経の異常

なぜこのような現象が起きてしまうのでしょうか。残念ながら、今のところ、この病気に精通しているお医者さんは極めて少なく、そのメカニズムは十分に解明されていません。

現時点では、米ワシントン州立大学精神科クリニックのBrian Sharpless氏の説が有力とされていて、脳神経の異常によるものだと考えられています。

眠りに入るときというのは、脳が少しずつ覚醒した状態からオフの状態に切り替わっていくのですが、なんらかの原因で脳のなかにうまくオフできない場所があると、音を処理する部分の神経活動に誤作動が起こり、爆発音等が鳴り響いてしまうようなのです。

そして、その引き金になっているのは、疲労やストレスではないかと言われています。

脳疲労が続くなら、明日は我が身!?

ほとんどの方は「そんな珍しい病気、私には関係ない」と思うかもしれませんが、最近この病気にかかっている人が増加傾向にあるというのです。

実際に、前述の大学の学生211人に聞き取り調査を行ったところ、この現象を経験したことのある学生はなんと18%も。しかも、そのうちの3分の1がほかの睡眠障害を併発しているといいます。

今日のストレス社会で睡眠不足に悩む人は数知れず。そんな人にとって脳神経の疲労は切実な問題です。だとしたら、いつこの病気が発症してもおかしくありません。もし心当たりがあるのであれば、早めにお医者さんに相談して、脳疲労の解消に努めましょう!

photo by pixabay


本記事は「ネムジム」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「世界一美しいクモ」の求愛行動がネットで話題、モテないオスは…
[05:00 5/29] エンタメ
[劇的ビフォーアフター]放送14年でリフォーム300軒に
[05:00 5/29] エンタメ
田中要次、低予算で実家の蔵リフォームに参加「作業過程の苦労を実感」
[05:00 5/29] エンタメ
『ニンジャスレイヤー』第10話ED担当アーティストは「MO'SOME TONEBENDER」
[00:00 5/29] ホビー
『おそ松さん』ついにコップのフチに登場、六つ子の個性生かしたポーズに
[22:04 5/28] ホビー

特別企画 PR