トランス脂肪酸、2018年に米国で全廃へ--「日本どうする」「毎日摂取」の声

米食品医薬品局(FDA)は現地時間6月16日、マーガリンなどに含まれており、心臓病などとの関連が指摘されている「トランス脂肪酸」を、2018年6月までに食品添加物から全廃する方針を決めたと同局のホームページにて明らかにした。

日本の厚生労働省に相当するFDAは、2013年にトランス脂肪酸の廃止方針を示し、その科学的妥当性を検討してきた。そしてこのほど、食品に使用するにあたり、「一般的に安全とは認められない」と結論付けた。食品メーカーはトランス脂肪酸を製造物から除去するにあたり3年の期限が設けられており、それまでに代わりの添加物を使うなどの対応が求められることになる見通し。

FDAのStephen Ostroff長官代理は、「このアクションによって、冠状動脈性心臓病が減ることおよび、毎年数千件の命に関わる心臓発作の予防につながることが期待できます」と話している。

トランス脂肪酸は、植物油を加工して作るマーガリンや、お菓子、揚げ物用の油として使われるショートニングなどに含まれている。米国では加工食品への含有量の表示が義務づけられており、使用を規制する自治体もあった。一方で、日本では摂取量の少なさにおける健康へ影響をおよぼす可能性の低さなどを理由に、表示の義務化がされていない。

今回のFDAの決定を受けて、Twitter上では

「気になりつつも、毎朝摂取しちゃってるなぁ。マーガリン」

「トランス脂肪酸排除も真似て広まればいいのに」

「とうとうトランス脂肪酸廃止の方向か。日本はどうするんだろ」

など、日本での動向を気にする意見があがっている(コメントは原文)。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事