無線LAN「ただ乗り」容疑で逮捕 - IPAが注意喚起「被害に気付きにくい」

 

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は12日、他人の無線LANルータを不正に使用しネットに接続する、「ただ乗り」容疑で全国初の逮捕者が出た事件を受け、一般家庭における無線LAN利用に関する注意を喚起した。

当該の事件では、他人の無線LANルータの通信を解析して取得したパスワードを不正に利用し、インターネットに接続した疑いで松山市の男性が逮捕された。この事件を受け、IPAでは、家庭内の無線LANを不正利用された場合、「通信内容の盗み見」「迷惑メール送信や不正アクセス、違法ダウンロードなどの不正行為の身元詐称」「家庭内の無線LAN環境を利用している端末内のデータ窃取」といったリスクが発生すると指摘。不正利用の対策として、無線LANルータの暗号化設定を、突破リスクの高いWEPから、より安全性の高いWPA2-PSK(AES)に設定することを推奨している。

IPAが2014年10月に実施した意識調査では、調査対象の半数以上が、無線LAN通信の暗号化について「不明」または「設定なし」と回答したという。IPAは「無線LANアクセスポイントへの不正接続は気づきにくく、知らない間に事件に巻き込まれる可能性もある」として、注意を喚起している。

一般的な無線LANセキュリティの暗号化確認手順(図:IPA)

人気記事

一覧

新着記事

上場企業の平均年間給与は622万3000円、トップ企業は1741万円
[14:22 7/27] 企業IT
Nutanix、ハイパーコンバージド製品のDockerサポートなど新機能を発表
[14:06 7/27] 企業IT
御伽ねこむが第1子出産を報告、藤島康介氏とは「一緒にいて一番の幸せ」
[14:05 7/27] ホビー
駅やホームにポケモン出さないで! 全国のJR・私鉄が「ポケモンGO」に要請
[14:01 7/27] スマホとデジタル家電
メルセデス・ベンツ新型Eクラス発表、自動運転へ"ドライブパイロット"搭載
[13:59 7/27] ホビー