NTTコム オンライン、サイトを来訪した企業名などがわかるアクセス行動分析

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(NTTコム オンライン)は6月11日、アクセス解析ソリューション「Visionalist」に、サイバーエリアリサーチの「どこどこJP」サービスと連携したアクセス行動分析の提供を開始した。

これにより「Visionalist」にて、運営するサイトに来訪する企業名や地域情報などの測定が可能となり、検索経由、メールマガジン経由など、それぞれの来訪企業がどのような経路からアクセスしてきたかということも分析できる。

活用例として、たとえば、複数の商材を持っているBtoB企業では、ある商材やサービスについて、特定の企業からのアクセス数が急に増えていることが把握できるようになるので、法人営業の担当者がアクセスしてきた企業の興味をアクセス行動から理解し、営業活動の促進に活用するケースが考えられる。

活用ケース1:クロス集計 企業×進入ページで各商品と興味をもつ企業を確認

別の利用例としては、BtoBマーケティングにおけるリードナーチャリング(ホットリストの抽出、営業へのリード展開)、ならびにサイトの効果測定ツールとして活用することが考えられる。たとえば、セミナーを実施したのち、セミナー参加企業のアクセス状況をみて、セミナー内で紹介した商材やサービスへのアクセスがある場合、当該企業の関心が高まっていると判断して、法人営業の担当者にアクセス情報を付加したリードとして展開することができる。

活用ケース2:訪問者情報画面で特定企業訪問者の行動例歴を確認

このアクセス行動分析は、「Visionalist」の価格体系のまま提供され、初期設定費用はPCサイト用で5万円、モバイルサイト用で10万円、基本月額使用料金はPC/モバイル共通で、月間PV数上限により5万円・10万円・15万円・22万円の4コースを用意している(すべて税抜)。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事