NEDO、パワーエレクトロニクスの新たな応用目指す先導研究を開始

 

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は6月11日、独創性や革新性の高いパワーエレクトロニクスの新たな応用分野を見出すための先導研究を開始したと発表した。具体的には、コンパクト加速器や小型高密度UV-C発生装置などをターゲットとした6テーマに取り組んでいく。

NEDOはこの先導研究を通じて、パワーエレクトロニクスの用途拡大と新市場創出に貢献するとしている。

今回採択されたテーマと委託予定先は以下の通り。

・SiCモジュール特性を前提とした新車両主回路システムの基礎研究
交流電化区間の鉄道車両主回路システムの小型化を目指し、SiCモジュールの特長である高耐電圧に注目した新しい車両主回路システムの実現の可能性と、長期間使用するために必要なモジュールの実現の可能性をミニモデルで検証する。
委託予定先:鉄道総合技術研究所

・多様な電力融通システムを実現するSiC・GaNパワーデバイスを用いたY字電力ルータ基本セルの研究開発
多様なニーズに応える電力融通システムを容易に構築できる高性能なSiCとGaNパワーデバイスを用いたY字電力ルータ基本セルを設計・試作し、実用化課題を抽出する。
委託予定先:京都工芸繊維大学、首都大学東京

・次世代パワーデバイスを用いた発電電動一体ターボチャージャによる排熱回収システムの研究開発
インバータで制御される発電電動機一体型ターボチャージャにより、低速トルクアップを行いエンジンのダウンサイジングによる低燃費化と、排気ガスエネルギーから得られた電気エネルギーによりエンジンに取り付けた発電電動機を駆動し大幅な省エネルギー化を図るシステムを開発する。
委託予定先:ACR

・コンパクト加速器を実現するための超高速/高電圧パルス電源の開発
交流電化区間の鉄道車両主回路システムの小型化を目指し、SiCモジュールの特長である高耐電圧に注目した新しい車両主回路システムの実現の可能性と、長期間使用するために必要なモジュールの実現の可能性をミニモデルで検証する。
委託予定先:高エネルギー加速器研究機構、パルスパワー技術研究所

・小型高効率GaN発振器を用いたUV-C発生装置の研究開発
GaNを用いた小型で高効率な自励式マイクロ波発振器を開発し、マイクロ波によって点灯する小型高密度の UV-C発生装置を開発する。
委託予定先:東京計器、プラズマアプリケーションズ

・SiC/GaNパワーデバイスMHz帯スイッチングDC-DCコンバータの先導研究
鉄損と銅損の小さい高周波低損失リアクトル・トランスを開発し、SiCやGaNパワーデバイスの特徴を活かした高効率・小型軽量DC-DCコンバータを開発する。
委託予定先:信州大、大阪大学

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

初音ミクが「LUX」新CMに登場、ツインテール卒業か? - S・ヨハンソンも応援
[19:00 8/26] ホビー
相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線ともに開業延期 - 建設費4,000億円以上に
[18:55 8/26] ホビー
航空自衛隊向けステルス戦闘機「F-35A」、初飛行に成功
[18:41 8/26] テクノロジー
[週間トルネ番付]「ジョジョ」トップ変わらず 8月3週アニメ編
[18:35 8/26] ホビー
ASUS、薄型軽量2in1 PC「TransBook」に新モデル - 12.6型と10.1型そろえる
[18:33 8/26] パソコン