松井玲奈、8月末でのSKE48卒業を発表-理由は芝居・やり切った・後輩の成長

アイドルグループ・SKE48の松井玲奈が10日深夜、ニッポン放送『AKB48のオールナイトニッポン』(毎週水曜深夜1:00~3:00)に生出演し、冒頭で「私は、8月いっぱいでSKE48を卒業することになりました」と正式に発表した。

SKE48の卒業を発表した松井玲奈

松井は、2年ほど前から卒業を意識しはじめ、具体的にそれに向けて話が進みだしたのは1年前だったと明かし、卒業を決めた理由を3つ説明した。

1つ目は、元々志望していた役者の道に本格的に進むため。「SKEにいて楽しかったり、うれしかったり、悔しかったり、いろんな気持ちを感じることができる。でもそれ以外の気持ちを知らない」と語り、本格的に芝居に打ち込むために「同世代が感じるいろんな気持ちを、アイドルではなく、一人の松井玲奈として知りたいと思い、グループから離れるのがいいんじゃないかと感じ始めたことが、きっかけだった」と話した。

2つ目は「自分の活動を振り返った中で、自分の中でSKEとしてやり残したことが無くなったなと思った」ということ。「やり切ったな、という思いがあって、だから次のステップに進まなければいけないという気持ちが芽生えてきた」と、前向きな卒業であることを強調した。

そして3つ目は「(SKEの)後輩にもっと成長してもらいたい」。今回の総選挙で、多くのメンバーがランクインしたが、自分がこのまま一緒に活動すると「やっぱり甘えてしまう気持ちがある」という懸念があった。「私が離れたときに、(残ったメンバーが)SKEをどういう風に盛り上げていくんだろう、そんな頑張っている姿をすごく見てみたいと思った」と後輩の成長に期待を寄せた。

松井は、1つの理由ではなく、こうした気持ちが合わさり卒業という結論に至ったと説明。これをラジオで発表したことについては「劇場、ライブよりも、2時間の(番組の)中で、貴重な時間を使って、気持ちが伝えられたらいいと思った」と語った。

番組冒頭で、丁寧に、ゆっくりと語った松井。事前にメモを用意したことを話して、少しすっきりした様子で「湿っぽくなるので、楽しく行きましょうか(笑)」と言って番組のタイトルコールを読み上げ、1曲目には、SKE48の「未来とは?」を選曲した。

『AKB48のオールナイトニッポン』は、先週の放送で、10日深夜は『AKB48選抜総選挙後夜祭スペシャル!』と題して放送すると予告していたが、急きょ『緊急特番! 今夜、松井玲奈から重大発表SP』に改題の上、放送されている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事