島崎遥香、AKB48選抜のグループLINE卒業「私の意見通らない」「大体先輩」

AKB48の島崎遥香が、9日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『今夜くらべてみました』(毎週火曜23:59~24:52)にゲスト出演し、選抜メンバーのグループLINEを卒業したことを明かした。

AKB48の島崎遥香

「集団行動ニガテ女」として、元プロゴルファーでタレントの古閑美保、お笑いコンビ・フォーリンラブのバービーと共に出演した島崎。さまざまな苦手エピソードを披露する中、「ついに卒業しました」のテーマでグループLINEを抜けたことを告白し、同番組MCのフットボールアワー・後藤輝基を「アカンやろ!」と驚かせた。

島崎いわく、同グループの参加メンバーは総合プロデューサーの秋元康氏と選抜メンバー16人。後藤が「士気を高め合って『次のライブ頑張ろう!』『もうちょっとこうしようか!』みたいなことをやりとりしてるんじゃないの?」と興味を示すと、「別に知らなくてもいいというか…」と遠慮がちに答えた。

抜けたのはそもそも「他の人が何を言ってようが興味ない…」というのもあるが、「私が意見を出しても私の意見は通らないので、言っても意味がない」という諦めも。「通らないですよ。大体先輩の意見が…」と話しづらそうに笑ってごまかし、後藤が「指原(莉乃)とかがワーッと出てきたら『うわ、指原出てきた…』みたいになるの?」と本音を探ると、島崎は顔の前で手を振って否定の素振りを見せつつ、必死に笑いをこらえながら「ならないです」と返答。すかさず後藤は「笑てるで!」とツッコミを入れて笑いを取っていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事