『攻殻機動隊 新劇場版』冒頭12分公開、本編の鍵となる2つの事件&電脳会議

  [2015/06/09]

『攻殻機動隊 新劇場版』のメインビジュアル

6月20日に公開されるアニメーション映画『攻殻機動隊 新劇場版』の本編映像の一部が公開された。

公開された動画は約12分におよび、映画の予告動画としては異例の長尺。映画の冒頭部分の映像となり、本作での物語の鍵となる「大使館人質事件」「総理大臣暗殺事件」の二つの事件が描かれる。さらには電脳会議や迫力のアクションシーンなど、『攻殻機動隊』ならではの要素も豊富にちりばめられ、映画の世界観を体感できる内容に仕上がっている。

映像では、草薙素子が、バトー、トグサ、イシカワ、サイト―、パズ、ボーマらおなじみのメンバーとともに、「大使館人質事件」の現場へ。制圧を終え、一息つこうとしたその瞬間、倒したはずの敵が何者かにハッキングされ、再び彼らに強襲。犯人の位置を告げられたスナイパー・サイト―が目にしたのは、ともに作戦を実行しているはずの素子にうり二つの人物であり、時を同じくして、別のビルでは総理大臣を狙った爆破事件が勃発する。

『攻殻機動隊 新劇場版』は、士郎正宗原作の『攻殻機動隊』生誕25周年プロジェクトの一環として制作された完全新作のアニメーション映画。総理大臣暗殺事件をきっかけに、シリーズを通して謎に包まれていた全身義体の主人公・素子の生い立ちが明らかになるとともに、攻殻機動隊の誕生秘話が語られる。総監督・キャラクターデザインは黄瀬和哉氏、脚本は『マルドゥック・スクランブル』『天地明察』を手がけた小説家の冲方丁氏、音楽はコーネリアスと『攻殻機動隊ARISE』を手がけた面々が再集結。アニメーション制作はProduction I.G、監督は野村和也氏が務める。キャストには坂本真綾、塾一久、松田健一郎、新垣樽助、咲野俊介、中國卓郎、上田燿司、中井和哉、沢城みゆきらが名を連ねている。


(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

パーツ同士のフィット感が気持ちいい、『マインクラフト』消しゴム発売
[21:00 5/31] ホビー
井上芳雄、ブロードウェイに立つ!「時間の許す限り観劇します」
[21:00 5/31] エンタメ
KDDI、1,310万画素カメラ搭載のAndroidガラケー「AQUOS K SHF33」
[20:59 5/31] 携帯
ますだおかだ岡田の娘・結実、父は「面白くない」とバッサリ
[20:58 5/31] エンタメ
KDDI、長時間駆動が可能な大容量バッテリー搭載スマホ「AQUOS U」
[20:54 5/31] 携帯

本音ランキング