北村一輝、『猫侍』第2弾で原案・脚本に参加! 「時代劇というハードル壊す」

 

俳優の北村一輝が主演するTVドラマシリーズ『猫侍』の劇場版第2弾『猫侍 南の島へ行く』が、9月5日に公開されることが7日、明らかになった。

『猫侍 南の島へ行く』のメインビジュアル

『猫侍』は2013年10月から12月にドラマ版が放送され、2014年3月に劇場版第1弾が公開された人気シリーズ。"百人斬り"と恐れられた北村演じる貧乏コワモテ浪人・斑目久太郎とツンデレ白猫・玉之丞(たまのじょう)のコンビが話題になり、前作映画は全国62館でのスタートながら、幅広い客層を動員し興行収入2億1,000万円を記録した。

本作では原案から携わり、共同脚本にも名を連ねる北村は、「時代劇というハードルを壊そうと、かなりぶっとんだ内容になっています」と試行錯誤した作品の完成を喜び、「南の島で繰り広げられる、奇想天外な出来事が満載の映画に仕上がりました。笑いと癒やしの動物時代劇を劇場で、家族一緒にお楽しみください」と呼びかけた。

姑・タエから剣術指南役の話を持ちかけられ、四国・土佐藩に旅立つことになった久太郎と愛猫・玉之丞。本作では、目的地までの道中で忍者の妨害やゲリラ豪雨に見舞われ、海を漂流した末に謎の黒人部族に捕まり、ついには海賊まで襲来。久太郎はそんな命懸けの状況の中で玉之丞を抱えて華麗な剣さばきを披露するなど、時代劇の枠に収まらないアクション・アドベンチャー作品に仕上がっている。

前作のメイキングDVD『三匹の玉之丞』がオリコン総合ランキング1位、『玉之丞写真集』もベストセラーとなるなど、今やスター猫となった、玉之丞を演じるあなごとさくら。前作では「猫派VS犬派」がテーマとなっていたが、本作では陽光が降り注ぐ南の島で玉之丞と黒猫の恋模様も描かれる。

共演には、妻・お静役の横山めぐみらおなじみのキャストに加え、新たなヒロインを映画コメンテーターとしても活躍するLiLiCoが務め、『TOKYO TRIBE』(2014年)などにも出演したプロレスラー・高山善廣が敵役として登場。ドラマシリーズを手がけた渡辺武氏が監督を務める。

(C)2015「続・猫侍」製作委員会

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】来春登場! セブン銀行ATMの新サービスで入出金にキャッシュカードが不要になる!?
[19:08 7/29] マネー
加藤綾子、子供たちと歌&ダンス「先生の夢かなった」- 絵本読み聞かせも
[19:03 7/29] エンタメ
いよいよWindows 10無償アップグレード終了 - 今後はやっぱり有料? 元のOSに戻せる?
[19:02 7/29] パソコン
TVアニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』、お渡し会&公収イベントの開催決定
[19:00 7/29] ホビー
帰省する派は2割弱!? お盆の過ごし方ランキング!
[18:59 7/29] キャリア

本音ランキング