ソニー、NETFLIX対応のコンパクトなBDプレーヤー

ソニーは6月3日、ブルーレイディスクプレーヤー「BDP-S6500」「BDP-S1500」を発表した。発売は6月20日。価格はオープンで、推定市場価格はBDP-S6500が20,000円前後、BDP-S1500が12,000円前後(いずれも税別)。

左が「BDP-S6500」、右が「BDP-S1500」

BDP-S6500とBDP-S1500は、NETFLIXやYouTubeなどネットワーク経由でインターネット動画を楽しめるブルーレイディスクプレーヤー。NETFLIXとは2015年秋に国内で提供開始される予定の映像配信サービスで、視聴には別途NETFLIX社との契約が必要となる。

ソニーのブルーレイディスクプレーヤーは、これまで「クロスメディアバー」と呼ばれる独自のUIを採用していたが、新モデルは各メディアやサービスをホーム画面からダイレクトに選べるものへ刷新した。ホーム画面はカスタマイズできる。

クロスメディアバーから新しいUIへ変更

両モデルともハイレゾ音源の再生に対応。BDP-S1500では192kHz/24bitまでのWAV / FLACファイルを再生できる。BDP-S6500は、それに加えて5.6MHzまでのDSD再生にも対応。また、ステレオ音源だけでなく、5.1chや7.1chのマルチチャンネルのハイレゾ音源も再生可能だ。

BDP-S6500は、4K画質へのアップコンバート機能を搭載。BDやDVDの映像、USBメモリーに保存した動画に加えて、一部のインターネット動画も4K相当にアップコンバートできるようになった。階調の補正も行われ、よりなめらかな映像を楽しむことができる。そのほか、BDP-S6500は無線通信技術MIMO対応のWi-Fiモジュールを内蔵。データ送受信の高速化と接続安定性の向上を実現した。

本体サイズはBDP-S6500がW255×D192×H39mm、BDP-S1500はW230×D194×H39mm。質量はBDP-S6500が0.9kg、BDP-S1500は0.8kg。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事