パナソニック、Let'snote夏モデルを直販サイトで予約開始

 

パナソニックは2日、Webストア「Panasonic Store」において、同社製モバイルノートPC「Let'snote」シリーズの2015年夏モデルの予約を開始した。個人向け新モデル「Let'snote SX4」「Let'snote RZ4」をカスタマイズしたWebモデルを予約購入できる。各シリーズとも発売は6月12日の予定。

なお、個人向け「Let'snote」シリーズの2015年夏モデルは、店頭モデルとして「Let'snote SX4」と「Let'snote RZ4」のほか、「Let'snote MX4」と「Let'snote LX4」が発表済みだ。Panasonic Storeでの「カスタマイズレッツノート」では、「Let'snote MX4」と「Let'snote LX4」は2015年春モデルの継続となる。ただし、Let'snote MX4については、オリジナルカラー天板の選択肢として「ウォームゴールド」が加わった。

Panasonic Storeの「Let'snote RZ4」と「Let'snote SX4」には、それぞれスタンダードモデルの「カスタマイズレッツノート」と、よりハイスペックな「カスタマイズレッツノート プレミアムエディション」がある。

Let'snote RZ4

コンバーチブルタイプの2in1ノートPCとして、世界最軽量の約745gを実現した10.1型のモデル(パナソニック調べ、一部モデルを除く)。2015年春モデルと比較して、メモリ容量が2倍に増えた。スタンダードモデルは8GB、プレミアムエディションは16GBを搭載する。CPUは、スタンダードモデルがIntel Core M-5Y10c(0.80GHz)、プレミアムエディションがIntel Core M-5Y71 vPro(1.20GHz)だ。引き続きLTE対応モデルも用意する。

また、Panasonic Storeオリジナルの選べるカラー天板として、新色の「タンジェリンオレンジ」が追加されている。税別価格は、スタンダードモデルが180,800円から、プレミアムエディションが275,228円から。

店頭モデルの概要は、別記事『パナソニック「Let'snote RZ4」、世界最軽量コンバーチブルPCがLTEに対応』を参照いただきたい。

Let'snote RZ4のカラバリ(クリックで拡大)

Let'snote SX4

一般的なクラムシェルスタイルの12.1型ノートPCのLet'snote SX4は、DVDスーパーマルチドライブを搭載している。2015年夏モデルではストレージを強化し、HDD搭載モデルは春モデルの750GBから1TBへ、LTE対応モデルは256GB SSDから512GB SSDへと増強された。

CPUは、スタンダードモデルがIntel Core i5-5300U vPro(2.30MHz)、プレミアムエディションがIntel Core i7-5600U vPro(2.60MHz)だ。税別価格は、スタンダードモデルが193,277円から、プレミアムエディションが305,228円から。

店頭モデルの概要は、別記事『パナソニック、LTEに対応したDVD搭載12.1型「Let'snote SX4」夏モデル』を参照いただきたい。

Let'snote SX4

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

SCSK、Azure上でのIoTデータ分析環境構築サービス
[12:38 8/29] 企業IT
Windows 10で始めるBash 第9回 散らかったデスクトップを片付ける
[12:36 8/29] 企業IT
OpenSSL 1.1.0登場
[12:35 8/29] 企業IT
セキュリティフライデーとインターコム、法人向けセキュリティ分野で協業へ
[12:23 8/29] 企業IT
ゴーストキティも登場! サンリオピューロランドのハロウィーンはここに注目
[12:22 8/29] 趣味