東京都・浅草でお化け屋敷×リアル脱出ゲーム! 言葉のいらない脱出ゲームも

お化け屋敷プロデューサーの五味弘文氏と共同製作した「かくれ鬼の家からの脱出」

SCRAPは6月24日~8月30日、6月24日オープンの常設型リアル脱出ルーム新店舗「アジトオブスクラップ浅草」(東京都墨田区)にて、「リアル脱出ゲーム」の新シリーズ「Real Escape Game color series」の第1弾「Escape from the RED ROOM」およびお化け屋敷プロデューサー五味弘文氏と共同製作した「かくれ鬼の家からの脱出」を開催する。

「リアル脱出ゲーム」は、同社が展開する参加型の謎解きゲームイベント。今回開催する両公演は、どちらも制限時間30分、参加人数は最大6人、参加料金1,800円(税込)となっている。

「かくれ鬼の家からの脱出」は、お化け屋敷プロデューサーの五味弘文氏とのコラボレーションイベント。参加者はある町の失踪事件の捜査員として、「その屋敷に一度入ったらもう出られない」といううわさがある"幽霊屋敷"から脱出する。

「Escape from the RED ROOM」は、「言葉を使った謎や暗号」が一切登場しないゲームとなっている。参加者は、部屋の中に残されたわずかなヒントを手がかりとして、閉じ込められた部屋からの脱出を目指す。謎解きに言葉を使わないため、外国人や小さな子供でも同じように楽しめるものとなっているという。

謎解きに言葉を使わない「Escape from the RED ROOM」

なお、両イベントの公演時間は11:00~21:00の1時間おき。チケットは6月13日13:00よりイープラスにて販売する。前売り券が完売した場合、当日券の販売は行わないとのこと。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事