香典袋の選び方 御霊前と御佛前、御香典の違い

一般的に、お通夜、葬儀などで使用する「香典袋」は、不祝儀袋と言います。「香典袋」は仏式の呼び名です。このことからもわかるように、不祝儀袋は故人の宗教・宗派によって選び方が異なります。失礼にならないよう、注意しましょう。

御霊前
不祝儀袋の表書きも宗教などによって異なりますが、「御霊前」は四十九日の法要より前に使います。

御佛前・御仏前
四十九日の法要後に使うのが一般的です。仏教の中でも、浄土真宗や日蓮正宗の場合には「御佛前」または「御仏前」を使うことが一般的です。

御香典
仏式の場合の表書きは「御香典」を使うこともあります。「お香の代わりにお金をお供えします」という意味です。

御玉串料
神式の場合の表書きは「御玉串料」が一般的です。「御榊料」または「御霊前」でもよいでしょう。

お花料
キリスト教式(カトリック)は「お花料」です。

宗教による水引の違い

大切な人が亡くなることは、二度とあってほしくないことですから水切は「結び切り」を使用するのがマナーです。ただし、宗教によって、多少、水引の色が異なるので確認しましょう。

キリスト教式の場合には、水引はありません。十字架、または花の印刷が施された不祝儀袋を使用します。花が印刷されたものがなければ白封筒で代用することもできます。

仏式……黒白、銀

神式……黒白、白、銀

キリスト教式……なし

関連記事

香典の相場 - 故人との関係によって決まる

水引とは

執筆:野村佳代

株式会社アスラン編集スタジオ 代表取締役。編集・ライター。一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師。Webサイト「ビジネス文章力研究所」を運営している。

人気記事

一覧

2017年8月19日の運勢

イチオシ記事

新着記事