エンタープライズSNS「Beat Shuffle」海外事業に最適なグローバル機能追加

エンタープライズSNS「Beat Shuffle

エンタープライズSNSを展開するビートコミュニケーションは、同社のプラットフォーム「Beat Shuffle」に、海外支店やグループ企業との連携を強められる「グローバルユーザー招待機能」を搭載し、26日にリリースした。

同社は、2004年というSNS黎明期からエンタープライズ向けにサービス展開してきた企業で、企業の内部に眠るナレッジやノウハウの共有、部署を越えたコラボレーションで数々の企業の業務効率化を実現してきた実績を持つ。「Beat Shuffle」は同社SNSの中核をなすプラットフォームで、3月にはオンプレミス版やiOS/Androidアプリ版の提供を開始するなど、開発のピッチを上げている。

今回、搭載された「グローバルユーザー招待機能」では、招待されたユーザーをゲストユーザーという扱いにすることで、参加コミュニティ以外のコンテンツやユーザー情報にアクセスできないようにできる。これにより企業の現地スタッフや関連会社のメンバー、外部の専門家などを気軽に招待しながら、セキュアな環境で情報のやりとりが可能になる。

国内市場におけるビジネスの縮小に直面した多くの日本企業が海外需要を取り込むための海外進出を進めているが、現地雇用社員や現地関連会社のメンバーとのマネジメント上での課題を抱えていると同社では、機能の開発の背景についても発表している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事