洗剤を使わずに排水口のぬめりを防ぐ方法 - アルミホイルで1カ月試してみた

台所のシンクの排水口は、毎日掃除しないと、いつの間にかヌルヌルになって臭いの原因にもなりますよね。筆者は、排水口のフタやカゴの部分は洗うのですが、その下の部分のお掃除を忘れてしまうことが多々ありました。ここでは、洗剤を使わずに排水口のぬめりを防ぐことで節約&お掃除の時短にも役立つ方法を紹介します。

アルミホイルを小さく丸めて排水口に置くだけ

用意するものは、アルミホイルだけです。

アルミホイルを用意します

アルミホイルを適度にカットし、ぐしゃぐしゃっと丸めて2~3個の玉を作ります。

アルミホイルはふんわり丸めるのがコツ

あとは、このアルミホイルの玉をシンクの排水口にポイッと投げ込むだけ。

シンクの排水口に、丸めたアルミホイルをポイポイっと適当に投げ込んでおくだけ

これで終了。アルミホイルが水と反応することで発生する物質を活用した効果だそうですが、ぬめりがなくなれば、イヤ~な臭いもなくなり気持ちよくお料理できそうですね。

1カ月後の排水口がこちら。

1か月後の排水口の状態

少しゴミはついていますが、ヌルヌルはありません。臭いも特になし。アルミホイルは汚れていますので、気になる方は1カ月に1回交換してください。なお、この方法を試す際、アルミホイルの玉を小さくしすぎると排水口に流れていってしまう可能性がありますので気をつけてください。

執筆:hhmam
一姫二太郎2児のママ。浅く広く色々なことに興味あり、とりあえず気になったことはなんでもやってみる。最近は編み物に凝っていて、肩こりで悩み中。

本稿の内容を実行したことによる損害や障害などのトラブルについて、執筆者および編集部は責任を負うことができません。記載内容を行う場合は、その有効性、安全性など十分に考慮いただくようお願い致します。記載内容は記事掲載日時点の法令や情報に基づいたものです。また紹介されている商品やサービスは、すでに提供が終了していることもあるほか、入手先など記事に掲載されている情報のみとなり、お問い合わせに応じることができません。記載内容を参考にしていただき、ご自身の暮らしにお役立ていただけますと幸いです。
関連キーワード

人気記事

一覧

2017年8月20日の運勢

イチオシ記事

新着記事