リコー、「発電ゴム」を開発 - センサーなどへの応用目指す

  [2015/05/18]

リコーは5月18日、圧力や振動によって高い発電性能を発揮する「発電ゴム」を開発したと発表した。

圧力による発電材料としては、セラミックスや高分子樹脂が活用されている。しかし、セラミックスは高出力ながらも壊れやすく、高分子樹脂は柔軟であるものの出力が低いといった課題がある。

同社が開発した「発電ゴム」は柔軟性の高いフレキシブルなシート状でありながら、セラミックス圧電材料と同等の高い発電性能を有しており、セラミックスと高分子樹脂の課題を解決しそれぞれの利点を両立することに成功した。また、柔軟なため加工しやすく、セラミックスのような高温加工が不要なため、高い生産性を見込めるという。

現在、東京理科大学と共同で分子レベルでの発電機構の解析が始められており、リコーはセンサーを始めとする多方面での実用化開発を目指すとしている。

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

奇譚クラブきっての異色作が"団地萌え"に挑む、「団地と女」26日発売
[21:44 5/26] ホビー
東京都交通局「2016路面電車の日」6/12開催、都電7700形・7000形の撮影会も
[21:32 5/26] ホビー
iiyama PC、SSD+HDDツインドライブ構成のミニタワーPC - 約6万円から
[21:31 5/26] パソコン
山田涼介、日本映画批評家大賞・新人賞に! 浅野忠信のエールに感激
[21:11 5/26] エンタメ
西武鉄道・秩父鉄道「SLパレオエクスプレス」臨時列車運行を記念した乗車券
[21:04 5/26] ホビー

特別企画 PR