WinMagic、クラウドに保存したファイルのリスクを排除する新ソフト

加WinMagicの日本法人であるウィンマジック・ジャパンは5月12日、企業データを暗号化することでDropboxやBoxなどのクラウドストレージサービス上での安全なファイル共有と管理を可能にするセキュリティソフトウェア「SecureDoc Cloud」を発表した。

同製品は、同社のフラッグシップ製品の最新バージョンである「SecureDoc 7.1」のコンポーネントとして新たに提供される、エンドユーザーやワークグループに対応したシームレスな、エンドポイントに特化した暗号キーの管理機能を活用したソリューション。IT管理者による容易な管理を可能とし、クラウドファイル共有ソリューションの深刻なセキュリティの課題を解消する。

クラウド環境のファイルセキュリティに対して、「暗号キーの完全な自社管理」「暗号キーの一元管理」「シームレスで優れたエンドユーザエクスペリエンス」等のメリットが提供される。

これにより、企業は自社で暗号キーの完全な管理が可能となるだけでなく、ウィンマジック独自機能であるプリブート認証と組み合わせることでファイル共有用のパスワードが不要になり、ユーザはデータが暗号化されていることを全く意識せず利用できるようになる。

20年もの長期にわたり、高度なセキュリティと柔軟性を兼ね備えたSecureDocソリューションの提供を通じ、容易なデータ保護を実現してきたSecureDocにより、企業はノートPCやデスクトップ PC、サーバ、リムーバブルメディアに保存されている機密データを保護でき、プライバシーやセキュリティに関連する法規制に対応可能となる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事