エフセキュア、マイナンバー対応セキュリティ製品でキャンペーン

エフセキュアは5月11日、地方公共団体での「社会保障・税番号制度(通称マイナンバー制度)」の運用開始に向け、セキュリティを強化し安全なデータアクセスを支援する統合的な製品「エフセキュア 公共ライセンス プレミアム」のキャンペーンを展開すると発表した。

製品は、高い防御能力で定評のあるPC向けのソリューション「エフセキュア クライアント セキュリティ」に加え、Windowsサーバ、Linuxサーバならびにメールゲートウェイも対象としたアンチウイルスのスイート製品。

マイナンバー制度は、社会保障や税務、災害対策行政での利用を目的に、2015年10月より個人への番号通知が開始され、2016年1月から利用開始となる。

マイナンバー制度の運用開始にあっては、情報漏洩の原因となるウイルス感染を未然に防止する高い防御能力が求められるが、同製品はサンドボックスによる未知のウイルスを含む検知性能や、アプリケーション制御による出口対策と可視化、集中管理ツール"エフセキュア ポリシーマネージャ"によるポリシーベースの管理機能などを提供する。また、ソフトウェア アップデータでのパッチ管理による脆弱性対策などもあり、公共団体でのシステムの情報漏洩防止対策の能力を強化する。

同社では、5月11日より同キャンペーンを開始。2016年3月28日までに同社受注分の「エフセキュア 公共ライセンス プレミアム」を対象に、新規ライセンス購入価格を一律10%ディスカウントする。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事